6月に第25回日本伝道協議会「現代の日本で、なぜ福音を信じ伝えるか」

2015年5月3日23時58分 印刷

第25回日本伝道協議会(全国大会=同実行委・東京神学大学共催)が、6月1日(月)と2日(火)、「現代の日本で、なぜ福音を信じ伝えるか」を主題に開催される。第1部「教職による伝道協議会」は同大(東京都三鷹市)を会場に、2日夜に行われる第2部「信徒のための公開講演会」は日本基督教団銀座教会(同中央区)を会場に開催される。

2日間にわたる第1部「教職による伝道協議会」では、1日は、午後1時から開会礼拝(説教:芳賀力同大学長)、同2時から主題講演(講演:棚村重行同大教授)、同3時55分からシンポジウム、同6時から10の分団に分かれての分団協議Ⅰが行われる。シンポジウムでは、川島直道牧師(錦ヶ丘教会)、服部修牧師(蕃山町教会)、横山ゆずり牧師(半田教会)の3人が発題する。

2日は、午前9時から特別講演「アジアの文脈における日本伝道」(講演:洛雲海・イエス教長老会神学大学教員)、同10時10分から分団協議Ⅱ、午後1時から全体会、同2時40分から閉会礼拝(説教:伊藤端男・大泉ベテル教会牧師)が行われる。

また、同6時半からは、会場を銀座教会に移して、第2部「信徒のための公開講演会」が行われる。礼拝では小泉健同大准教授が説教し、北陸学院理事長で学院長の楠本史郎氏が公開講演「福音からの逃走 日本近代化の陥穽(かんせい)」を行う。

参加費6000円。旅費が往復5000円を超え、教会からの補助がない場合は超過分を同大が負担する。第2部の公開講演会は入場無料(席上献金あり)。申込書は同大ウェブサイトでダウンロードできる。詳細・問い合わせは、同大(電話:0422・32・4185、FAX:0422・33・0667、事務室は月曜休み)まで。

日本伝道協議会は昨年、「会衆に届く言葉と教会形成の言葉」を主題に長野で開催された。2013年は「現代社会に伝道する牧師」を主題に、東京で全国大会として開催された。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース