東京神学大学神学会、学術雑誌『神学』の最新号「ことばの説教」を発売

2014年1月14日18時29分 記者 : 内田周作 印刷
+東京神学大学神学会、学術雑誌『神学』の最新号「ことばの説教」を発売

東京神学大学(東京都三鷹市)の神学会が毎年発行している神学研究の学術誌『神学』(教文館)の最新号が8日発売された。同誌は半世紀以上も読み継がれた神学専門誌で、第75号となる最新号の主題は「ことばの説教」で、山口隆康教授献呈論文集となっている。

主題論文としては、「説教のことばと法のことばー申命記の構造とそのことばの性質」(大住雄一)、「言葉は解釈されなければならないー旧約聖書成立の最終段階における<言葉の解釈>」(小友聡)、「気のない人への説教ー弁証法的説教について」(芳賀力)、「『神について語る』ことは、なぜ可能なのかーR.バスカーの批判的実在論とK.バルト」(神代真砂実)、「説教黙想論ー『旧説教学』から『新説教学』へ」(山口隆康)、「説教における説話」(朴憲郁)、「神を語る言葉」(小泉健)、「言葉の使い方(word care)ー神学の使命」(東方敬信)、「説教のことばと説教者の生ーことばの受肉をめぐる説教者論」(洛雲海)、「近代におけるキリスト教的言語行為の意味と意義ーシュライアーマッハーの場合」(上田彰)が掲載されている。

さらに、自由研究として、「ジョン・オーウェンの三位一体論的神学における自由の理解」(須田拓)、「メソジスト型二つの福音は波濤を越えてー『宗教箇条』からメソジスト・ホーリネス神学へ」(棚村重行)、「教育が教育であるために(1)」(長山道)が掲載されている。

同大学の神学会は、同大教員と学生によって組織された神学研究を目的とする会で、毎年発行する『神学』を通して、その神学研究の成果を公にしている。

税込3885円、A5版、364ページ、2014年1月8日発売、ISBN:7642-0910-90275。問い合せは、東京神学大学学外活動委員会(電話:0422-32-4185)まで。オンラインでの購入は、教文館のオンラインショップで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

神学書を読む(58)現代の米国における「福音派」を多方面から考察する決定的な一冊 『Evangelicals』

神学書を読む(57)『悪について誰もが知るべき10の事実』

『女のキリスト教史』 「#MeToo」運動と一線を画す「もう一つのフェミニズム」の系譜

『世界一ゆるい聖書教室』 フォロワー10万人超の人気ツイッターから生まれたシリーズ第2弾

モーリヤック著『イエスの生涯』 ノーベル文学賞受賞のカトリック作家が描く異色のイエス伝

私の語学学習経験と『古典ギリシア語入門』 CD付きの画期的な入門書

神学書を読む(56)「令和」となった今こそ振り返るべき日本の宗教 『日本人は本当に無宗教なのか』

神学書を読む(55)『福音派とは何か?』(後編・クリスチャンから見た本書)

神学書を読む(55)『福音派とは何か?』(前編・クリスチャンでない人から見た本書)

神学書を読む(54)永井孝尚著『世界のエリートが学んでいるMBA必読書50冊を1冊にまとめてみた』

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース