倉沢正則・東京基督教大学学長、愛が冷えてゆく時代に「ひとり」を大切にする重要性語る

2014年1月4日13時46分 印刷
+倉沢正則・東京基督教大学学長、愛が冷えてゆく時代に「ひとり」を大切にする重要性語る
倉沢正則・東京基督教大学学長(2009年撮影)

東京基督教大学(千葉県印西市)の倉沢正則学長は1日、同大学で公開している自身の公式ブログで「ひとりを大切に」とする記事を掲載した。2013年を振り返りつつ、現在の世界は「ひとり」が顧みられない「『愛が冷えてゆく』時代」だとし、「ひとり」を大切にする必要性を語った。

倉沢氏は「近年、情報が世界大となったせいか、各国・各地での暗いニュースが日々飛び込んでくる」と言い、爆弾テロや、覇権争いによる部族同士の殺戮(りく)、内戦による難民、自然災害による被災者、国益を大偽名分にした各国の非難合戦など、昨今の世界の状況について触れ、「心が痛み、何とかならないものかと腹立たしい思いとなる」と語る。

一方、「社会の仕組みを変えることによって、誰もがその生をそれなりに営むことができるようになることの大切さは分かる」としながらも、「しかしそのプロセスの中で、その社会を構成する『ひとり』がかき消されてゆく現実も他方にある」と指摘。「抽象的な全体指向の世相にあって、ひとり一人が創造主なる神の『かたち』として造られた意義を覚えたい。同時に、すべての人がその神に背を向け自律と覇権を争う現実もしっかりと押さえておきたい」と語った。

また、「イエス・キリストがもたらした変革は、ひとりに向かい、ひとりを重んじ、ひとりの人格を大切にするものであったことを改めて覚える」と言い、キリスト教がその本質として「ひとり」を大切にする宗教であることを語った。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース