東京都:モンゴル語聖書翻訳者の来日特別講演 銀座教会で3月18日

2016年2月12日11時08分 印刷
+東京都:モンゴル語聖書翻訳者の来日特別講演 銀座教会で3月18日

日本聖書協会(東京都中央区)は3月18日(金)午後3時から、日本基督教団銀座教会5F集会室(東京都中央区)でモンゴル語聖書翻訳者来日特別講演会を開催する。講師は、モンゴル・ユニオン聖書協会聖書翻訳プロジェクトリーダーのガラム・バヤルジャルガル博士。講演題は「原典からのモンゴル語聖書翻訳の実現を目指して」。津久野キリスト恵み教会モンゴル派遣宣教師の嶌村貴氏が通訳を務める。

モンゴル・ユニオン聖書協会は、現代語訳聖書頒布の働きを主に行っている。これまでの現代語訳は聖書原典からではなく、英語などの他言語から翻訳されたものであったため、2014年から「モンゴル人による原典からのモンゴル語聖書翻訳」プロジェクトを開始。現在、2028年の完成を目指して翻訳作業を進めている。

日本聖書協会は2016年度、このプロジェクトに対しての支援を約束し、500万円を目標に募金の呼び掛けを始めた。モンゴル・ユニオン聖書協会は今年、聖書協会世界連盟に加盟する予定となっている。韓国や中国と同じように、日本聖書協会の隣人としてさらに絆が強まっていくことが期待されている。今回の講演会は、来日するプロジェクトリーダーのガラム氏から、モンゴルでの聖書翻訳の働きについて直接聞くことができる貴重な機会だ。

参加は無料だが、要申込。締め切りは、3月11日(金)。申し込みフォームはこちら。100人の定員に達し次第締め切られるが、締切日後も空席がある場合には当日参加が可能になる。詳細・問い合わせは、募金担当(電話:03・3567・1980、メール:fund-raising@bible.or.jp)まで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月8日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 4,257
(+351)
1,275,104
(+68,514)
死者数 81
(+1)
72,523
(+5,013)
回復者数 622
(+30)
297,401
(+22,712)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース