主題は「日本伝道の将来」 6月に第1回日本伝道フォーラム

2018年3月18日22時18分 印刷
+東京神学大学

第1回日本伝道フォーラム(第28回日本伝道協議会)が6月4、5の両日、東京神学大学(東京都三鷹市)と日本基督教団銀座教会(同中央区)を会場に開催される。主題は「日本伝道の将来」。

第1部「教職者を中心とした会」(4、5日、会場:東京神学大)と、第2部「信徒を中心とした公開講演会」(5日、会場:銀座教会)の2部構成。4日夜のワークショップ(第1部)では、▽ユース(青年)運動、▽コンテンポラリー・ワーシップ(新しい礼拝の在り方)、▽家族伝道、▽小規模教会の伝道――の4つのテーマをめぐって話し合いが持たれる。また、5日午後の全体会(同)は「日本伝道のヴィジョンを語る」がテーマ。5日夜の公開講演会(第2部)は「どうする家族伝道」をテーマに、筧伸子(かけひ・のぶこ)氏(同教団茨木東教会教育主事)と朴憲郁(パク・ホンウク)氏(同大名誉教授)が講演する。

日本伝道協議会は1990年、同大が主催して始まった。2006年までは東京で開催されてきたが、東京以外の地域での開催を求める声があったことから、08年に初めて名古屋で開催。その後、大阪(09年)、仙台(10年)、九州(12年)、長野(14年)と、東京以外でも開催されてきた。

参加費は第1部が6千円、第2部は無料。第1部については、主日礼拝出席20人未満の教会からの出席者は申請により、参加費が免除されるほか、交通費と宿泊費が全額補助される。その他、交通費が5千円を超える場合は、申請に基づき超過分が補助されるほか、宿泊費についても申請者に対し5千円を限度に援助する。申し込み締め切りは、第1部が5月12日(土)まで。第2部は申し込み不要。詳しくはPDFを。

プログラムの概要は下記の通り。

第1部「教職者を中心とした会」(会場:東京神学大)
<6月4日>
午後1時〜 開会礼拝(説教:具志堅篤・同教団読谷〔よみたん〕教会牧師)
午後1時40分〜 オリエンテーション
午後2時〜 主題講演(講演:小泉健・同大教授)
午後3時40分〜 ユース(青年)伝道に関する報告会
午後6時〜 ワークショップ(夕食含む)

<6月5日>
午前9時〜 日本伝道のために祈る会
午前10時50分〜 分団協議(昼食含む)
午後1時〜 全体会
午後2時50分〜 閉会礼拝(篠田真紀子・同教団浅草教会牧師)

第2部「信徒を中心とした公開講演会」(会場:銀座教会)
<6月5日>
午後6時30分〜 公開講演会

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース