具志堅聖氏、第10代日本聖書協会総主事に就任

2019年12月13日23時06分 印刷
+具志堅聖氏、第10代日本聖書協会総主事に就任
日本聖書協会主催のクリスマス礼拝でメッセージを伝える具志堅聖氏=5日、日本基督教団富士見町教会(東京都千代田区)で

日本聖書協会(大宮溥〔ひろし〕理事長)の総主事引継式が13日、日本基督教団銀座教会で行われ、渡部信(わたべ・まこと)氏から具志堅聖(ぐしけん・きよし)氏に総主事職が引き継がれた。これにより、2017年9月から副総主事を務めてきた具志堅氏が、正式に同協会の第10代総主事に就任した。同協会頒布部が同日、公式フェイスブックで明らかにした。

具志堅氏は1965年沖縄県生まれ。学生時代にカナダに移住し国籍を取得。北米のノースウェスト神学校、リージェント・カレッジ、ルーサー・ライス神学校などで学び、日本ではウェスレアン・ホーリネス教団、米国ではキリスト合同教会に所属し、牧会・伝道に携わってきた。2002~11年には、日本福音同盟(JEA)の総主事を務め、その後はハワイのマキキ聖城キリスト教会で日本語部牧師を務めていた。

同協会との関わりではこれまで、東京大聖書展(00年)でボランティア奉仕をしたり、日本プロテスタント宣教150周年記念大会(09年)で事務局長補佐を務めたりしてきた。

一方、退任した渡部氏は、青山学院大学、西南学院大学、米ベイラー大学大学院などで学び、1981年から日本バプテスト連盟牧師。99年に同協会の第9代総主事に就任し、以来20年にわたり総主事を務めてきた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース