待て、而して希望せよ! 佐々木満男

2018年8月17日17時49分 コラムニスト : 佐々木満男 印刷
関連タグ:佐々木満男

巌窟王

愛する恋人と晴れの結婚式の最中。突然、式場に乗り込んできた警官隊が新郎を逮捕し連行して行った。彼は裁判にかけられ、無実なのに無期禁固刑を言い渡され、絶海の孤島の地下牢に閉じ込められた。

「神はなぜこんな不条理を許すのか!」。納得できない極度の苦悩の中で、自分を陥れた連中に対する憎しみと復讐(ふくしゅう)心に燃えて、彼は何度も脱獄を試みるがことごとく失敗。しかし、彼は決して諦めなかった。

たまたま獄中で知り合った年老いた神父から個人指導を受け、高い知識と上流社会の教養を身につけた。死ぬ直前に老神父は、スペイン王家から譲り受けたという「モンテ・クリスト島に隠されている巨万の財宝」のありかを、彼に教える。

遺体収容袋から老神父の遺体を取り出し、代わりに自分が入るという機転により、袋ごと嵐の海に投げ捨てられた彼は、死に物狂いで袋を破って海中から脱出。こうして実に投獄後14年目にして奇跡的な脱獄を果たした。

この主人公、エドモン・ダンテスは、脱獄後間もなくモンテ・クリスト島に渡り、巨万の財宝を手にする。以後「モンテ・クリスト伯爵」と名乗り、貧困にあえぐ人たちを助けながら、自分を犠牲にして贅沢に暮らしてきた連中に対し、次々と正義の復讐を果たしていく。

巌窟王』(アレクサンドル・デュマ作)の痛快なストーリーである。おそらく、旧約聖書のヨセフの物語がモデルになっていると思われる。ヨセフは無実の罪で牢獄につながれたが、突然にエジプトの宰相に引き上げられ、大飢饉にあえぐエジプトとイスラエルを救った。

打ち破る力

この小説が新聞に連載されると、パリ市民は熱狂し、1回でも連載を休むとフランス中が大騒ぎになったという。それはなぜだろうか?「問題の獄舎からなんとかして解放されて自由になりたい」。「自分の願っていることを思う存分に成し遂げてみたい」。エドモン・ダンテス(後のモンテ・クリスト伯爵)が、見事にそれをやってのけるストーリーに、閉塞感に悩んでいた当時のフランス国民が共感したのである。

私たち日本人も慢性的閉塞感に悩んでいる。地震・災害・戦争の危機の増大、不況の長期化、教育・家族の崩壊、高齢少子化や引きこもりの拡大、価値観の無制限の多様化等々、閉塞感はますます募るばかりだ。新聞やマスコミの記事・論調も暗いものばかりで、社会全体がうつ状態だということができる。

この閉塞感を打ち破ることはできないのだろうか。閉じ込められたまま一生を終わるのだろうか。そんなことは決してない。その解決は聖書にある。なんの見通しもないまま、どんな難しい問題の監獄につながれていようとも、神の救いを待ち望んでいけば、神の時に神の方法によって、必ずそこから脱出できると書かれている。

かえって難問題の中で苦しみもがく過程で、自分を頼みとする自我が砕かれ、全能の愛の神に信頼する真に強い人に成長していく。最後には、自分を閉じ込めている問題の壁を打ち破り、まったく新しい人として自由の世界に飛び立つことができる。

ちょうど、長い間さなぎの中に閉じ込められていた幼虫が成長し、その力でさなぎの殻を打ち破り、美しい蝶に変身して外に出て、野原を自由に飛び交うのと同じである。

「待て!而(しか)して希望せよ!」 モンテ・クリスト伯爵の最後の言葉である。

「神の時を待ち続けなさい!それは必ず来る」「神に希望を持ち続けなさい!それは必ず実現する」

ちなみに、「モンテ・クリスト島」は地中海に実在する島である。「モンテ」は山を意味し、「クリスト」はキリストを意味する。

「主の山に備えあり!」(創世記22:11)

佐々木満男

佐々木満男(ささき・みつお)

弁護士。東京大学法学部卒、モナシュ大学法科大学院卒、法学修士(LL. M)。インターナショナルVIPクラブ東京大学顧問。

関連タグ:佐々木満男

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング