まことの喜び(32)真理の神様と共に歩みなさい イ・ヨンフン

2017年2月20日14時09分 コラムニスト : 李永勲 印刷

真理の神様と共に歩みなさい

キリスト者にとって、神様の喜びとなるかどうかは選択の問題ではありません。もしキリスト者として神様を喜ばせるよりも自分を喜ばせる人生を送っているなら、それは間違っているという程度ではなく、神様がご覧になるときに意味のない人生、無益な人生を生きているのと何ら変わりがないからです。

しかし反対に、自分自身にとっては有益な時間を過ごせなかったとしても、神様を喜ばせるために生きているなら、その人生は神様の御前で永遠に記憶されることでしょう。神様を喜ばせることこそ、キリスト者の最優先順位とならなくてはなりません。

聖書は、私たちが神様にとって喜びとなる人生を生きる方法は真理のうちに歩むことだと言っています。救われたことだけで満足し、真理を無視するのは、恵みを受けたキリスト者の妥当な反応だとは言えません。

私たちの中に、「私の人生は神様がご覧になるときに妥当なものだろうか。どうしたら神様の喜びを得られるだろうか」という悩みがあるなら、まず「真理のうちに行ったか」を考えてみればいいのです。

しかし、多くのキリスト者たちが誤解していることのうちの1つが、祈りをたくさんささげれば、神様が喜ばれると考えているということです。ここに韓国教会の悲劇が存在しています。

現在の韓国教会においては、祈りが足りなくて問題が起きているわけではありません。人生において失敗しているのが問題です。こういうふうに人生に失敗すると、いくら祈りと聖書勉強に励み、訓練を受けても、神様の栄光となることはできません。

預言者ミカが活動していた時期は、イスラエルが南と北に分かれていた時代で、神様の裁きの剣だったバビロンによる審判まであまり時間が残されていない時期でした。神様の審判はイスラエルの罪によるものでした。

当時は、ひと言で言って、真理を行う人生が失われていた時代でした。イスラエルの民の偶像崇拝は、神様が遣わした預言者たちの警告を受けてもやむことなく、結局神様に責められ、裁きを受けることとなったのでした。

それでは、真理、正しいこと、間違っていないことの基準とは何でしょうか。誰がこれに関する基準を定められるのでしょうか。聖書は、ただ義の源なる神様だけが正義の基準であると言っています。神様は他の何よりも公義と正義を行うのを最も喜ばれ、私たちが公義と正義を行いながら生きるのを願っておられる方です。

「わたしは、あなたのただ中から、刻んだ像と石の柱を断ち滅ぼす。あなたはもう、自分の手の造った物を拝まない」(ミカ5:13)

今日、私たちが生きている時代もまた、預言者ミカの時代とあまり変わりありません。真理を知っていると言いながら、実際には真理に沿って生きられない時代という点で、多くのところが似ています。

周りを見渡すと、私たちの心を奪うもので溢れているのを見ることができます。まことのキリスト者ならば、私たちの人生の中にある全ての偶像を手放さなければなりません。傲慢(ごうまん)、物質、世の名誉と権勢の偶像を手放し、真理のうちを歩まなければなりません。

もちろん、預言者ミカの時代のイスラエルの民も神様にいけにえをささげました。彼らは1歳の子牛(律法で最も尊いささげ物と規定)と幾千の雄羊、幾万の油など高価なささげ物を神様にささげました。

「私は何をもって主の前に進み行き、いと高き神の前にひれ伏そうか。全焼のいけにえ、一歲の子牛をもって御前に進み行くべきだろうか。主は幾千の雄羊、幾万の油を喜ばれるだろうか。私の犯したそむきの罪のために、私の長子をささげるべきだろうか。私のたましいの罪のために、私に生まれた子をささげるべきだろうか」(ミカ6:6、7)

このように多くのいけにえをささげれば、神様が自分たちの多くの罪を赦(ゆる)されるものと考えていたのです。彼らはまた、自分たちの尊い子どもも神様にささげました。しかし、このようにささげ物をささげても、神様は喜ばれませんでした。

神様が喜ばれるいけにえは、ただ正義を行い、慈しみを愛し、へりくだって神様と共に歩むことだったのです。

「人よ。何が良いことなのか。主は何をあなたに求めておられるのか。それは、ただ公義を行い、誠実を愛し、へりくだってあなたの神とともに步むことではないか」(ミカ6:8)

神様は私たちのささげる礼拝を受け取られますが、毎日毎日神様と共に歩むという誠実な人生の方をもっと願っておられます。

(イ・ヨンフン著『まことの喜び』より)

<<前回へ     次回へ>>

【書籍紹介】
李永勲(イ・ヨンフン)著『まことの喜び』 2015年5月23日発行 定価1500円+税

李永勲(イ・ヨンフン)著『まことの喜び』

苦難の中でも喜べ 思い煩いはこの世に属することである

イエス様は十字架を背負っていくその瞬間も喜んでおられました。肉が裂ける苦しみと死を前にしても、淡々とそれを受け入れ、後悔されませんでした。私たちをあまりにも愛しておられたからです。喜びの霊性とは、そんなイエス様に従っていくことです。イエス様だけで喜び、イエス様だけで満足することを知る霊性です。神様はイエス様のことを指し、神の御旨に従う息子という意味を込めて「これは、わたしの愛する子」(マタイ3:17)と呼びました。すなわち、ただ主お一人だけで喜ぶ人生の姿勢こそが、神の民がこの世で勝利できる秘訣だということです。

(イ・ヨンフン著『まことの喜び』プロローグより)

お買い求めは、全国のキリスト教書店、アマゾンまたはイーグレープのホームページにて。

李永勲

李永勲(イ・ヨンフン)

4代続くキリスト教家庭に生まれ、幼い頃から主日学校に通いながらヨイド純福音教会と深い関わりを持ってきた。延世大学および韓世大学、連合神学大学院を卒業し、アメリカのウェストミンスター神学大学院修士課程を修了した後、アメリカのテンプル大学において宗教哲学修士(M.A.)と宗教哲学博士学位(Ph.D)を取得した。アメリカのワシントン純福音第一教会、日本のフルゴスペル東京教会、アメリカのLAナソン純福音教会の担任を務め、国際神学研究院院長、韓世大学教授、アメリカのベテスダ大学総長、ヨイド純福音教会教務担当副牧師などを歴任し、対外的には韓国キリスト教総連合会(CCK)共同会長と韓国キリスト教教会協議会(NCCK)会長などを歴任した。

現在、ヨイド純福音教会の2代目担任牧師として、韓国キリスト教総連合会(CCK)代表会長、キリスト教大韓アッセンブリーズ・オブ・ゴッド総会長、社団法人グッド・ピープル理事長などの活動を行っている。チョー・ヨンギ牧師の牧会と霊性を継承、発展させながら、ペンテコステ聖霊運動と御言葉充満の調和、仕えることと分かち合うことの実践、世界宣教および教会連合運動などに力を注いでいる。

主な著書としては『The Holy Spirit Movement in Korea』『霊的成長の道』『小さきイエスの霊性1・2』『感謝の奇蹟』『信仰の奇蹟』(以上、全て韓国語版)、韓英対訳『十字架の恵み』など多数。訳書としては『ペンサコーラ、奇蹟の現場‐ブラウンズビル教会』『世界ペンテコステ・ホーリネス運動の歴史』などがある。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース