【インタビュー】新「ベン・ハー」いよいよ全米公開 主演ジャック・ヒューストンが語る感動シーン

2016年8月19日14時09分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
+【インタビュー】新「ベン・ハー」いよいよ全米公開 主演ジャック・ヒューストンが語る感動シーン
米ロサンゼルスで6月14日に行われた「ベン・ハー・フェイス・サミット」で、ゲストの女性と一緒に写る、映画「ベン・ハー」リメイク版のティムール・ベクマンベトフ監督(左)と主演のジャック・ヒューストン(右)(写真:MGM / Jason Kempion / Getty Images)

映画「ベン・ハー」リメイク版(パラマウント・ピクチャーズ、MGM共同製作)で主人公のユダ・ベン・ハーを演じたジャック・ヒューストンは、この作品を観るたびに、何がしか重要なものを得るという。

ヒューストンは最近行われた試写会で、赦(ゆる)しが試されるラストシーンについて、「あのシーンはとても感動的でした。演技にとても力があり、十字架刑と赦しのシーンでは、誰もがカルバリの丘の上にいるかのように感動しました」と、クリスチャンポストに語った。

「赦すということは、何もかも自分がやらなければならないと思うことではなく、ありのままの状況を受け入れることです」「誰かを赦すということは、ある意味では自分が主導権を握ることを意味しますが、重要なのは自己主張することではなく、相手を理解することだと思います」と、ヒューストンは続けた。

「ベン・ハー」は、ユダヤ人の王子ユダ・ベン・ハー(ヒューストン)が、ローマの軍人である義兄弟メッサーラ(トビー・ケベル)から反逆罪の濡れ衣を着せられる物語だ。ベン・ハーは自分の地位を剥奪され、家族や恋人のエスター(ナザニン・ボニアディ)から引き離され、国外追放されて奴隷の身となる。

しかし数年にわたる船旅の中、突如難破したベン・ハーは、後に人生の助言者となるイルデリム(モーガン・フリーマン)と出会う。イルデリムは、メッサーラを直接殺すのではなく、戦車レースで復讐(ふくしゅう)するようベン・ハーに勧める。その後イルデリムは、命懸けの戦車レースに向けてベン・ハーを指導する。しかし映画の根幹に流れている主題は赦しだ。ベン・ハーは旅の中でイエス・キリストと出会い、キリストが示した模範によって心が変えられる。

33歳の俳優、ヒューストンは、赦しというのは不思議なもので、人は奇跡や超自然現象に興味を持つかもしれないが、過ちを赦すという行為はなかなか理解できないと語る。

「報復や復讐というのは、とても恐ろしいことです。赦しには平和的な側面がありますが、復讐は憎悪や争いによって生じるものです。報復を繰り返したり、復讐したりすることを求め続けるなら限りがありません。そのことを教えてくれる成熟した人が必要だと思います」

「ベン・ハー」はこれまで、戦車レースで有名な物語だと言われてきた。戦車レースの撮影では、何人かのスタントマンが命を落としたとされている。1925年の原作映画でも、59年版でも騎手たちが死亡している。しかし今回のリメイク版は幸いなことに、けが人は1人も出なかった。しかしヒューストンは、アクションシーンが多いこの映画の撮影中、危険な場面に何度も遭遇したことを認めた。

「この映画を撮り終えるのは大変でした。戦車レースで生き残ることが困難だった、という意味です。そのシーンの演技はきつかったです。何度もいろいろな疑問を持ちました。こんなことができるのかと。ですから忍耐が必要でした。大変さの連続で、周囲の人からの素晴らしい助けもありました。ベン・ハーの旅(のシーン)もその1つです。だからこそ感動するのです」とヒューストンは語る。

「ベン・ハー」は、歯に衣着せぬハリウッドのクリスチャン夫婦映画家であるマーク・バーネットとローマ・ダウニーが製作総指揮した。キリスト教色は強く打ち出していないものの、キリストの福音でつづられた現代映画である。イエスは、ベン・ハーの旅の中にも何度か登場している。

テレビドラマ「ボードウォーク・エンパイア~欲望の街」の主演を務めたヒューストンは、ベン・ハーを演じることで人生を顧みることになったと語っており、「ベン・ハー」は現代を生きる全ての人が見るべき映画だと語る。

「この役柄の中には、幾つかの重要なメッセージがありました。現代人なら誰もが向き合うべきものです。この役を演じることによる最大の収穫は、世の中についていろいろと考えさせられたことです。特定の状況に置かれたとき、自分ならどうするかということです」と、ヒューストンは結んだ。

映画「ベン・ハー」は、米国では19日から、通常の2Dと3D、またデジタル3Dで放映される。詳細は公式サイト(英語)まで。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース