「戦争法」廃止求める署名、推定1千万超に 25日に集約、5・3憲法集会、6・5国会包囲大行動へ

2016年4月8日18時41分 記者 : 行本尚史 印刷
+「戦争法」廃止求める署名、推定1千万超に 25日に集約、5・3憲法集会、6・5国会包囲大行動へ
「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名」の署名用紙

日本のカトリック教会や日本聖公会、日本バプテスト連盟憲法アクション、キリスト者平和ネット、宗教者九条の和なども加わっている「戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会」(東京都千代田区)の「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名」の署名数が、公式サイトによると、1千万を超えたと推定されるという。

同委員会は同日付で声明を発表し、「戦争法廃止・安倍政権退陣・参院選勝利をめざして、ともに全力を尽くしましょう」「2000万人統一署名を推し進めましょう、5・3憲法集会、6・5国会包囲大行動に呼応して、全国津々浦々で行動を起こしましょう」などと呼び掛けている(下記に全文掲載)。

同実行委員会はまた、「広がる2000万人署名、まもなく4月25日、めざそう目標突破」と題する文で、間もなくこの署名の集約日の4月25日になるとして、同委員会(〒101−0063 東京都千代田区神田淡路町1−15 塚崎ビル3F)までこの署名を送るよう呼び掛けている。

同実行委員会は、「署名企画3種(戸別訪問署名・イベントde街宣&署名・自宅de署名)」と題する呼び掛け文で、2千万人統一署名の目標達成のための提案として、それら三つの署名企画について、図柄や写真・表なども交えながら、分かりやすく詳しく説明し、これを広めてほしいと訴えている。

なお、国際基督教大学(東京都三鷹市)の千葉眞特任教授(政治学、同大学平和研究所長、無教会信徒)と稲正樹客員教授(憲法学、日本基督教団みくに教会員)も、3月29日に施行された安保法制に関して翌日本紙に連名で寄せたコメントの中で、この署名を呼び掛けている。(関連記事はこちら:国際基督教大のクリスチャン政治学者と憲法学者、安保法制の施行に連名でコメント)

署名用紙など詳しくはこちら

「戦争法」廃止求める署名、推定1千万超に 25日に集約、5・3憲法集会、6・5国会包囲大行動へ
「5・3憲法集会」のチラシ

また、安保法制が採決された昨年9月19日を覚えて、5月と6月の19日には、午後6時半から「戦争法発動させない! 戦争する国許さない! 安倍内閣は退陣を!」と訴える議員会館前行動が衆議院第2議員会館前から国会図書館前にかけて行われるほか、憲法記念日の5月3日には有明防災公園(東京都江東区)で大規模な「5・3憲法集会」(チラシ=写真)が、6月5日(日)には午後2時から国会周辺で「戦争法廃止! 安倍内閣退陣! 6・5国会前大行動」(仮称)がそれぞれ予定されている。

総がかり行動実行委員会による7日付の声明全文は以下の通り。

戦争法廃止・安倍政権退陣・参院選勝利をめざして、ともに全力を尽くしましょう
2000万人統一署名を推し進めましょう、5・3憲法集会、6・5国会包囲大行動に呼応して、全国津々浦々で行動を起こしましょう

全国各地の市民のみなさん

多数の世論の反対をよそに、3月29日、安倍政権によって憲法違反の戦争法が施行されました。総がかり行動実行委員会はこの歴史的暴挙に心からの憤りを表明すると共に、戦争法を絶対に発動させない、断じて、この国を海外で戦争する国にさせない決意を改めて表明し、心ある全国のすべてのみなさんに、いまこそ総がかりで行動に立ち上がるよう呼びかけます。

昨年、戦争法案に反対する全国の市民の運動は大きく高揚し、野党各党の共同の動きと結合して、安倍政権の企てを追いつめましたが、戦争法案の採決強行を阻止するには至りませんでした。しかし、9月19日の戦争法案採決以降も全国で運動は継続され、2000万人統一署名運動をはじめ、各所で市民の行動は発展し、さらにこれが「市民連合」をはじめとする各地での参院選挙での共同候補擁立の運動と結びついて展開されています。

米国に追従し、立憲主義を乱暴に破壊して、海外で戦争をする企てを強め、沖縄辺野古での基地建設を強行し、原発再稼働をすすめ、民衆の生活と権利を破壊する安倍政権の政治には、社会の隅々から怒りの声がわき起こっています。

総がかり行動実行委員会は、今こそ、これを大きく結合し、安倍政権を追いつめ、打倒するために、お互いが大胆に連携して、可能な限りの行動を展開することを呼びかけます。

戦争法廃止の2000万人統一署名を推し進め、当面する5月3日の憲法記念日の行動を、首都圏では有明防災公園に結集し、また全国各地では共同のデモンストレーションとして、同時多発の一大行動を繰り広げることを呼びかけます。そして、この力をさらに今国会終了時の6月5日午後、永田町・霞ヶ関一帯で、「戦争法廃止!安倍政権退陣!参議院選挙勝利!6・5国会包囲大行動」として、市民の総結集を行いたいと思います。是非とも全国の皆さまが国会包囲行動に駆けつけてくださいますよう訴えると同時に、昨年の「8・30国会包囲12万人行動、全国1000箇所以上の行動」を上回る行動をもって呼応してくださるよう呼びかけます。この力をもって、戦争法廃止・安倍政権退陣・参院選勝利を実現しましょう。

4月下旬の2つの衆院補欠選挙を勝利させ、つづく参院選で安倍晋三政権が企てる改憲のための3分の2議席の確保を阻止し、安倍政権を退陣させましょう。

2016年4月7日
戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース