キリスト教徒の難民、ドイツの難民キャンプで「冷酷な嫌がらせ」に直面

2016年1月18日21時26分 翻訳者 : 木下優紀 印刷

キリスト教徒の難民が、ドイツの難民キャンプで「冷酷な嫌がらせ」に直面していると、正教会のある主教が指摘した。

ゲッツェンドルフにある聖ゲオルグ修道院長のダニイル氏は、難民キャンプに滞在しているキリスト教徒たちの境遇について明かした指導者たちの一人だ。

ダニイル氏は、難民問題担当特別相を兼任するペーター・アルトマイヤー官房長官に宛てた手紙の中で、「シリアやエリトリア、また他の国からのクリスチャン難民は、イスラム教徒から屈辱、家への侵入、冷酷な嫌がらせを受けています」と述べた。

「屈辱的な行為によって負傷させられたり、死の危険にさらされたりすることがしばしばあります」

イスラム教から改宗したキリスト教徒は特にそのリスクが高く、暴力を恐れて難民キャンプの外で寝ている者が多いという。

「中東から来たキリスト教徒の多くは、家に帰りたいと願うほどの強烈な嫌がらせに苦しんでいます。というのは、ドイツの難民センターの状況と比べると、まだましに見えるからです」とダニイル氏。

ダニイル氏は政府に対し、難民キャンプで危険にさらされているキリスト教徒やヤジディ教徒などの少数派を守るために、警察の介入を確約するよう呼び掛けた。

「キリスト教徒とイスラム教徒を分けて収容するという、ドイツ国内のキリスト教諸教派の指導者からの提案を受け入れ、それを確実に実行することができるまで、ドイツの難民センターにおいて法的機関による監視を確実にするため、必要な圧力をかけるようお願いいたします」と手紙にはある。

ダニイル氏のコメントは、昨年12月31日にケルンで起きた女性に対する性犯罪の申し立ての数が500件を上回ったことを受けて出された。公的な報告によると、これらの犯罪に関わったとみられる容疑者の「ほとんど」は移民だという。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース