聖公会の首座主教らが会議 一致に焦点 同性愛問題で分裂?

2016年1月15日07時35分 記者 : 行本尚史 印刷
+聖公会の首座主教らが会議 一致に焦点 同性愛問題で分裂?
カンタベリーで行われている首座主教会議初日の夕べの祈り

聖公会の世界的共同体「アングリカン・コミュニオン」(全世界聖公会)の首座主教らが、ジャスティン・ウェルビー・カンタベリー大主教の招きにより、11日から16日までカンタベリーで会議を行っている。38の管区の指導者たちが、2011年にダブリンで行われた会議以来、初めて集まっている。世界教会協議会(WCC)が13日に公式サイトで伝えた。

それによると、ウェルビー大主教は、この会議の開会演説の中で、内部に深い緊張関係があることを認めた。同大主教がお互いのためにキリストのような愛の精神を求めると、同大主教は宣教を通じた一致の表現に焦点を当てることを促した。

「私たちのあらゆる重大な困難をもって、私たちは暗闇と喪失そして災いのうちにある世界に直面する。今週の私たちの責任は、従って、世界の中のある団体として、教会が行動をさらに起こす備えをしやすくすることだ」と同大主教は語った。

ウェルビー大主教は11日、アングリカン・コミュニオンの分裂は失敗となり得ると述べた。しかし、同大主教は英BBCラジオ4の番組で、そのような筋書きは「災いになることはないだろう」とし、なぜなら「神は私たちの失敗よりも大きいからだ」と述べた。アングリカン・コミュニオン・ニュース・サービス(ACNS)が同日に報じた。

ウェルビー大主教が自らのコメントをしたのは、カンタベリー大聖堂で同日始まったこの首座主教会議を前にした、英国の全国的な看板ラジオニュース番組の生放送でのインタビューでのこと。

聖公会の首座主教らが会議 一致に焦点 同性愛問題で分裂?
ジャスティン・ウェルビー・カンタベリー大主教(写真:Foreign and Commonwealth Office)

「分裂はあなたが言うような災いになることはないだろう」と、同大主教はBBCのジャスティン・ウェッブ氏に語った。「神は私たちの失敗よりも大きい。しかしそれは失敗には変わりない。もし私たちがどうすれば互いに愛し合うことができるのか、教会が世界にその模範を示すことができず、不同意が深刻であれば、それは良いことではない。なぜなら私たちは自らの選択によってではなく、イエス・キリストによって集められたからだ」

「これはクラブ活動とか政党ではない。それは神によってなされるものだ」と、同大主教は付け加えた。

ウェルビー大主教は聴き手に対し、和解を望むと語り、そして「和解は必ずしも同意を意味するとは限らない。実のところ、それはめったにない。それは上手に不同意する方法を見つけることを意味する。そしてそれが今週私たちがしなければならないことだ」と述べた。

今週のこの会議に関する多くの報道は、一部の首座主教たちが早くも出て行ってしまうのではないかと予測した。

例えば、英ガーディアン紙(電子版)も8日、「英国国教会はゲイの権利に関する話し合いでアングリカン・コミュニオンが終わってしまいかねないと恐れている」という見出しの記事を掲載。六つのアフリカ諸国の保守的な教会の大主教たちがこの会議から出て行ってしまうと予想されていると報じた。

また、英クリスチャントゥデイも13日、「カンタベリー首座主教会議で緊張関係が浮上」と題する記事の中で、「世界中にある聖公会の38の管区の最高責任者たちが今週集まり、同性愛に対する態度をめぐる強固な違いに直面している聖公会を保とうとしている。北米の聖公会がリベラルな立場を取る一方、アフリカやガフコン(GAFCON:グローバル・アングリカン将来会議という保守的な一団)は同性愛関係の受容に対する反対を主導してきた」と報じた。

しかしウェルビー大主教は、そのような動きによってアングリカン・コミュニオンが分裂することはないと述べ、そしてこう付け加えた。「私たちは共にとどまり、お互いに耳を傾け、イエス・キリストに仕え、そして性に関する問題だけでなく、紛争や迫害、宗教的な暴力など、世界中の人々に影響を及ぼしている巨大な問題群についても焦点を当てたい。それらもまた本当に重要な議題だ」

聖公会はこの首座主教会議のための祈祷文(英語)を特設サイトに掲載し、祈りを呼び掛けている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月7日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 3,906
(+252)
1,206,590
(+76,815)
死者数 80
(+7)
67,510
(+4,807)
回復者数 592
(+8)
274,689
(+17,234)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース