英国国教会の主教、政府に対し難民数千人をさらに受け入れるよう呼び掛け

2015年10月19日23時51分 翻訳者 : 木下優紀 印刷

英国国教会の主教80人以上が、政府に対し、今後5年間に少なくとも5万人のシリア難民を受け入れるよう呼び掛けた。

ダラム教区主教ポール・バトラー氏を代表とする主教たちは、キャメロン首相が表明した今後5年間で2万人の受け入れは不十分と指摘した。

84人の主教たちは、シリアの状況を「記録にある限り、最も大きな難民の危機」と表現し、「この規模の道徳的危機は、私たち一人一人が、また皆が果たすべき役割を果たすよう呼び掛けている」と論じた。

彼らは、「私たちは、庇護と寛大さのスピリットというこの国の偉大な伝統をもって、少なくとも今後2年間に、年間1万人ずつの受け入れが実行可能だろうと考えています。そしてあなたが告知した予測を、今後5年間で最低でも全体で5万人まで引き上げることが可能でしょう。5万人に引き上げることで、他国が行う貢献に匹敵することができるでしょう。このことは、私たちが毎日目の当たりにする人々の苦しみの大きさに見合い、また充実した応答となります」と述べた。

バトラー主教と主教たちはまた、1950年代と70年代に起きた同様の難民危機の中で、英国が行って成功した働きを再び行うために、国営の受け入れ組織を創設するよう呼び掛けた。

バトラー主教は、「ヨーク大主教は最近、現在の状況はまさに難民の危機であるだけでなく、この国にとって、またヨーロッパ大陸に住む者として、ある機会となると語りました。その機会とは、狭い自己への関心から抜けて立ち上がり、人間性の最も高いところに到達する機会です。

私たちは、首相とその政権が、再定住のプログラムを作るべきだという国内からの呼び掛けに答えたことを理解しており、また答えてくださったことに感謝しています。しかし、文字通り家が爆破され、その土地から追い出される人が増えている中、この問題は実に緊急性を抱えています。戦闘が苛烈になるにつれ、人々の悲惨さの実情は拡大しており、政府の応答はこの問題の規模と厳しさに対しますます不十分となっています。首相からこの問題を受理したという確証があったにもかかわらず、それに対する実質的な回答をいまだ受け取っていないので、失望しています。私たち主教が市民社会の他の人々とともに進めようとしていることを、すぐに行動に移さなければならない道徳的義務があります」と語った。

声明に賛同している他の主教には、イーリー教区主教スティーブン・コンウェイ氏、ウスター教区主教ジョン・インゲ氏、ノリッチ教区主教グラハム・ジェームズ氏、リーズ教区主教ニック・ベインズ氏、リッチフィールド教区主教ジョナサン・グレッドヒル氏、ウィルズデン教区主教ピート・ブロードベント氏、チェスター教区主教ピーター・フォースター氏、バース教区、ウェルズ教区の主教ピーター・ハンコック氏がいる。女性初の主教でストックポート教区主教のリビー・レーン氏も、トーントン教区主教ルース・ウォースレー氏、ハル教区主教アリソン・ホワイト氏、アストン教区主教アン・ホリングハースト氏とともに名を連ねている。

ヨーロッパ全体がこの危機で影響を受けており、対応の仕方について不一致を引き起こしている。ハンガリーは先週末、クロアチアとの国境を閉鎖し、国境を渡ろうとする者たちの間で怒りと苦悩を呼んだ。スロベニアは難民の流入に対処するために、軍隊の投入を準備している。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース