平和遺族会8・15集会「安保法制を廃案に、再び遺族つくらせない」 憲法学者の木村草太氏らが講演

2015年8月15日20時54分 記者 : 新庄れい麻 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+平和遺族会8・15集会「安保法制を廃案に、再び遺族つくらせない」 憲法学者の木村草太氏らが講演
会場には多くの人が集まり、立ち見がでるほどだった=15日、日本基督教団九段教会(東京都千代田区)で
- 広告 -

終戦70年を迎えた15日、「平和を願い戦争に反対する戦没者遺族の会」(平和遺族会)全国連絡会の8・15集会が、日本基督教団九段教会(東京都千代田区)で開かれ、約170人が参加した。テーマは「戦後70年 アジア・太平洋戦争の反省の下に憲法を活(い)かそう! 『安保法制』を廃案に! 再び遺族をつくらせないために」。集会では、参加者一同により「沈黙のとき」が持たれ、同連絡会代表の西川重則氏、憲法学者の木村草太氏(首都大学東京准教授)が、安保法制に絡めた講演を行った。

会場となった九段教会は、靖国神社の大鳥居のほど近くにある。最寄り駅の地下鉄九段下駅は、朝から正装した多くの参拝客の姿が見られ、大鳥居に続く道は、「憲法改正賛成」と署名を求める団体の声が響いていた。同連絡会は、キリスト者の戦没者遺族を中心に、首相や閣僚らの靖国神社参拝に反対し、平和を願う思いで連帯している。1986年に結成され、8・15集会を企画するのは今年で30回目になる。

平和遺族会8・15集会「安保法制を廃案に、再び遺族つくらせない」 憲法学者の木村草太氏らが講演
平和遺族会全国連絡会代表の西川重則氏は、「キリスト者としても責任を覚える」と話した。

参加者一同が黙祷をささげた「沈黙のとき」では、今年ちょうど70歳になる同連絡会の布施敏英さんが黙祷の掛け声を上げた。布施さんは、自身が誕生する前日に父親が21歳の若さで中国で戦死したという。

ビルマ(現ミャンマー)で兄が戦病死した代表の西川さんは、今年で87歳。1999年から国会傍聴を続けており、靖国神社参拝問題から安保法制までを、日本の政治が抱える一貫した問題として考え、警鐘を鳴らし続けている。

「『安保法制』から靖国神社問題へ」と題して基調報告を行った西川氏は、「これらの問題に対して意味ある反対運動を行っていくためには、日本国憲法に習熟するべきであり、戦後だけではなく、戦前、戦中の総括をしっかりとする必要がある」と話した。憲法については特に、平和主義を規定する9条、信教の自由をうたう20条を守るために、全ての公務員に対して憲法擁護の義務を課している99条を具体的に実践していくことを強く求めたい、とした。

平和遺族会8・15集会「安保法制を廃案に、再び遺族つくらせない」 憲法学者の木村草太氏らが講演
安保法制に関して「違憲だから反対という人だけでなく、違憲だからこそ改正しようという動きをしている人もいる」と、さまざまな視点を提示した木村草太氏(首都大学東京准教授)

14日に安倍晋三首相が発表した「戦後70年談話」について、「おそまつなものだった」と触れ、「そんなものを考えている時間があるならば、早く悪法(安保法制)を自ら廃案にするべき」と発言し、参加者からは賛同の拍手が起こった。また、「『安倍退陣せよ』との声が聞かれるが、安倍首相だけが悪いのではない。1955年に『現行憲法の自主的改正』を主張する自民党が結成されて以降、日本の政党は私たちの願わない方向へと進み続けてきた」とも話した。

平和遺族会8・15集会「安保法制を廃案に、再び遺族つくらせない」 憲法学者の木村草太氏らが講演
会場となった日本基督教団九段教会の近くには靖国神社があり、会場を一歩外に出ると、多くの参拝客、「憲法改正賛成」の署名を求める団体で道は埋め尽くされていた。

木村氏は、「安保法制と憲法」と題して、憲法学者の立場から安保法制が抱える課題を解説した。7月の安保法制公聴会でも発言をしている木村氏は、あらためて「憲法改正の手順を踏めば、集団的自衛権の行使を認めることも可能。しかし、憲法改正は、国民の機運の高まりによってなされるべきものであり、いずれにしても安保法制には反対」と意見を述べた。

参加者からは、「このままではこの法案は可決されるだろうが、その後にできることはあるのか」と質問が出た。木村氏は、政府が集団的自衛権の行使において想定している「存立危機事態」の明確な解釈指針が示されていないため、現段階では意味をなす条項になっていないと指摘。その上で、「可決後も、解釈定義の議論は引き続き行われるので、従来の『存立危機事態=武力攻撃事態』の定義に戻す取り組みに力を入れるべきだ」と話した。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング