アルメニアで「集団虐殺」追悼式典

2015年4月28日10時13分 印刷

【CJC=東京】アルメニアの首都エレバンで24日、オスマン・トルコ帝国によるアルメニア人迫害犠牲者の追悼式典が開かれた。

同日は、第一次大戦期の1915年に迫害が始まって100年目に当たる。アルメニア政府は「2年間に最大150万人が殺害されたジェノサイド(集団虐殺)だ」と主張しており、「虐殺」とは認めないトルコと歴史認識を巡る対立が続いている。

式典にはロシア、フランス、キプロス、セルビアの4カ国首脳が出席。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は「われわれは過去の悲劇を回想しつつ、お互いを尊重できるよう学ぶ必要がある」と演説した。

アルメニア正教会は23日、犠牲者を聖人とする「列聖式」を行った。同教会の列聖式は約400年ぶり。

トルコ最大の都市イスタンブールでは24日、アルメニア正教会で初めて追悼式が開かれ、閣僚が出席した。レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、迫害を「悲しむべき出来事」「痛みを分かち合う」とする声明を送った。ただ大統領は、23日「アルメニアが主張していることは根拠がない」と語り、虐殺との見方を改めて否定している。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース