礼拝(3) 神内源一

2015年4月16日07時29分 コラムニスト : 神内源一 印刷

ヨシャパテは、「敵は大軍です」と神様に訴えていました。しかし、ヤハジエルの預言を聞いて、ヨシャパテの行動は変わりました。

「地にひれ伏した」(Ⅱ歴代誌20:18)。ヨシャパテは、主の前に来てはいましたが、礼拝をしていなかったのです。「大声を張り上げてイスラエルの神、主を賛美した」(19)とあります。

その前には「賛美」という言葉が出ていません。「どうしたらいいのでしょう」と訴えていただけでした。ヨシャパテは、神様に集中していると言いながら、実は問題に集中していたのです。神様を求めないで、問題を何とかしてほしいと近づいているだけでした。

「神様、この問題を解決してください」と願う前に、神様の前に礼拝をささげ、賛美をささげるのです。いつも勝利の人生を歩む人は、どんな問題があったとしても、教会に来て、主に向かって賛美します。「あなたをほめたたえます。賛美します!」という時に、そのすべての祝福はあなたにやってくるのです。

「神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれは、それに加えて、これらのものはすべて与えられます」(マタイ6:33)

また、日曜日だけではなく、日々の生活の中でも神様をほめたたえ、賛美していくのです。神様を賛美し、礼拝する心にはゆとりがあります。その中で、不思議に問題の答えが与えられるのです。ヨシャパテはこう言いました。

「ユダおよび エルサレムの住民よ。私の言うことを聞きなさい。あなたがたの神、主を信じ、忠誠を示しなさい」(20)

神様に仕える心です。神様にもっと訴えなさい、断食して助けてと祈りなさいというのではありません。神様が解決されるのですから、慌てないのです。

「その預言者を信じ、 勝利を得なさい」(20節)。みことばを信じるときに、勝利はやってきます。今、あなたにどんな問題があろうと、みことばを信じるなら、勝利がやってくるのです。

敵は、ヨシャパテに迫ります。その時、ヨシャパテは何をしたのか。武装して備えたのではなく、礼拝したのです。神様を礼拝するとき、私たちは勝利の中にいるのです。神のみことばは、「神を求める者は報われる」とはっきりと教えます。せっかく神様のもとに来ているのに、答えを得る方法を間違えてはいけません。

「それから、彼は民と相談し、主に向かって歌う者たち、聖なる飾り物を着けて賛美する者たちを任命した」(21)。軍隊ではなく、賛美する者を整えたのです。何を歌うのでしょうか。

「主に感謝せよ。その恵みはとこしえまで」(21)。真の神様を礼拝する時、私たちの心には神様への訴えではなく、感謝があふれます。

チョー・ヨンギ先生は結核でした。賀川豊彦先生も結核に苦しみました。結核は当時、死に至る病でした。それを宣告されたとき、彼らはどうしたでしょうか。「天の父よ、私の命をあなたに委ねます。私を自由に使ってください」と、自分を捧げたのです。その時、神様の癒やしの奇跡が起きたのです。

「問題を解決してください」と祈るのではなく、「私を神様にささげます」と祈る時、あなたは神様に用いられます。「キリストのからだに仕えるために、私に何ができるでしょうか。何をささげることができるでしょうか」と祈る時、あなたは勝利していくのです。

■ 礼拝:(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)

神内源一

神内源一(じんない・げんいち) / 徐起源(そう・きうぉん)

ERM聖書学校校長。恵那クリスチャンセンター(岐阜県恵那市)牧師。恵那レーマミニストリー代表、愛知県一宮市の超教派聖会「ワールド・リバイバル・カンファレンス」の理事・講師を務めるなど、その活動は多岐にわたる。同校本部の岐阜県恵那市に加え、京都、岡崎(愛知)、沖縄、立川(東京)など全国数カ所で聖書学校、聖会をおよそ月1回のペースで行っている。インターネット聖書学校、通信聖書学校等も現在開講中。※画像は恵那レーマミニストリーのロゴ。

■ 外部リンク:

【公式サイト】恵那レーマミニストリー

【告知】6月20日(土)岡崎校で実践訓練が開催されます。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース