「教会は他者のために」 ドイツ福音主義教会連盟、ボンヘッファー没後70年で記事掲載

2015年4月14日14時26分 記者 : 行本尚史 印刷
+「教会は他者のために」 ドイツ福音主義教会、ボンヘッファー没後70年で記事掲載
ディートリッヒ・ボンヘッファー(1906〜45)

ドイツ福音主義教会連盟(EKD)は8日、「教会は他者のために ディートリッヒ・ボンヘッファーの没後70周年記念にあたって」と題する記事を公式サイトに掲載した。

EKDはこの記事で、「ナチスの恐怖に抵抗した信仰深い反逆者であったディートリッヒ・ボンヘッファーが70年前、1945年4月9日に殺されて死んだ。EKDは、あの戦争が終わる直前に処刑されたこの牧師について思い、今日、次の言葉を示す」と述べ、「ボンヘッファーは、抑圧や暴力の中で人間の尊厳のために働く人たちにとって、激励となる人であり続けている」という、EKD常議員会のハインリッヒ・ベドフォード・ストローム議長の言葉を伝えた。

記事はまた、「ボンヘッファーの言葉の多くは、今日の福音主義教会を特徴付けている。『教会が教会であるのは、それが他者のために存在する時だ』というのが、その一つである」と述べ、「ボンヘッファーは、私たちが簡単にあしらわれるべきではないということだけではなく、社会において福音が持つ決定的に重要な力を高める必要があることを、私たちに思い起こさせることができるのである」というストローム議長の言葉を伝えた。

また、「ボンヘッファーは単に反逆者であるというだけではなかった。今日まで彼の言葉は慰めである。数えきれないほど多くの葬儀で人々は(ボンヘッファーの詩を)歌う」と述べ、ボンヘッファーが獄中で書き残した詩を紹介した。

ボンヘッファーが処刑される約4カ月前に婚約者へ送ったとされるこの詩は、日本語でも訳され、「善き力にわれかこまれ」(讃美歌21・469番)、『善き力にわれ囲まれて』(新生讃美歌73番)など、賛美歌として親しまれている。

ストローム議長は、「私たちは今もなおボンヘッファーとつながっており、彼の言葉によって慰められ、力を与えられることができる」と述べた。

ボンヘッファーは、1906年2月4日にポーランド西部のウロツワフで生まれた。45年4月9日、第二次世界大戦が終わる3週間前に、ドイツのフロッセンビュルク強制収容所で処刑された。ボンヘッファーはナチスのイデオロギーに反対し、アドルフ・ヒットラーを44年7月20日に暗殺する準備をしていた人たちの輪に加わっていた。

「ボンヘッファーは、自らの政治的行動を常に神学的に正当化していた。彼は膨大な神学的業績を残した。拘留された時期(1943~45年)の彼の書簡や文章は、戦後、『抵抗と信従』『花嫁の手紙 独房92号室』として出版された」と、この記事は紹介している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース