長崎市、教会群世界遺産登録による経済効果の試算発表 最大100億円

2014年10月22日13時08分 印刷

長崎市は21日、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」が世界文化遺産に登録された際の経済効果の推計を明らかにした。西日本新聞が22日報じた。

同市が委託した地元研究機関の調査によると、登録初年度に教会群には11万~26万人の観光客が訪れ、39億4千万~100億9千万円の経済効果が期待されるという。

また、クリスチャン人口の多い韓国の格安航空会社「ジンエアー」は、教会群がある長崎への観光客増加を見込み、長崎~ソウル間の増便を12月から行うことを決定しており、これも経済効果への追い風となりそうだ。

同紙によると、長崎市は今後、案内板やトイレ、駐車場を整備するなど、観光客の受け入れ態勢を強化する方針。

来月7日には、バチカンの駐ユネスコ大使、フランチェス・フォロ氏による講演会(参加無料)も市内で行われる予定。詳細は長崎市のホームページで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース