ジンエアー、長崎〜ソウル便を毎日運航へ 教会群の世界遺産登録で観光客増加にも期待

2014年10月1日16時50分 印刷
+ジンエアー、長崎〜ソウル便を毎日運航へ 教会群の世界遺産登録で観光客増加にも期待
「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産の1つである大浦天主堂(写真:Alex Tora)

韓国の格安航空会社・ジンエアー(Jin Air)は、昨年7月に就航した週3往復の長崎〜ソウル間の定期便を、12月1日から毎日1往復にすると発表した。

ジンエアーによると、日本からの搭乗者は少ないものの、長崎県からの財政支援があることや、特に今年は平均搭乗率が高く、韓国からの観光客が好調なことから、リスクはあるものの増便を決めた。担当者は、「今後は日本からの観光客に魅力的なプランを用意するのが課題」と言う。

また、韓国にはクリスチャンが多く、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の世界遺産登録が決まれば、さらに観光客の増加も期待できるという。

長崎の教会群は、日本で現存する最古の教会として国宝に指定されている大浦天主堂など、13の資産で構成されている。長崎におけるキリスト教の伝来と繁栄、また激しい弾圧と250年もの潜伏、そして奇跡の復活という世界に類を見ない布教の歴史を物語る貴重な資産として、世界遺産への登録を目指している。

長崎県によると、来年2月1日までに関係省庁連絡会議および閣議了解を経て、正式な推薦状が世界遺産センターに提出され、その後同年9月頃にイコモス(国際記念物遺跡会議)による現地調査が行われる。2016年5月頃にイコモスによる評価結果の勧告が出、同年6月頃に第40回世界遺産委員会で審議が行われる予定だ。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース