ホーム > 論説・コラム > 執筆者一覧
正木弥 正木弥 (まさき・や)  

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

記事一覧

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(52)神を信じなくても生きていけるではないか 正木弥

キリストの神を信じなくても、“死ぬまでは”生きていけます。苦難の日が来ても、「また良い日もあるだろう」とひたすら我慢していけば、何とか生き続けられるでしょう。

2016年08月07日23時56分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(51)何でも神のせいにして自分の主体性がなくなるのではないか 正木弥

人は自由意思を与えられていますから、悪をなすことも、神に背くことも、神を否定することさえもできます。そのような人は、往々にして、社会がどんな状態だから、時代がこうだからといった非主体的な理由により、あるいは流され、あるいは欲望のままに生きています。

2016年07月31日16時27分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(50)神が人を造ったのではなく、人が神を作ったのではないか 正木弥

人間には思考力が与えられたので、さまざまなことを考えることができます。そのあまり、神概念まで作り上げ、神についてのストーリーまでも作り上げたのではないか、というのです。

2016年07月24日19時49分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(49)目に見えるものでないと拝めない 正木弥

自分の目の前の虚空を見てください。何にも見えないでしょう。しかし、そこに何にもないということではありません。目には見えなくとも、空気があります。空気に小さいほこりが浮いています。

2016年07月17日18時55分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(48)聖書の神が本当の神だという証拠はあるのか 正木弥

聖書の神は、人間の考えをはるかに超えて大きく、偉大で、力強く、賢明で知恵があります。全知・全能であり、完全・永遠・無限であり、普遍にして不変です。聖(きよ)く、義(ただ)しく、真実であり、愛である方です。このような方を神と言わないで他の何を神というべきでしょう。

2016年07月10日23時15分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(47)“聖書の神”以外に神はいないのか 正木弥

もし、あなたが、聖書の神以外に「これが本当の神だ」と確信する神がいるなら、その神を拝み、信奉すればいいのです。信教の自由がありますから。ただし、それでいろいろ害を被ったり、むなしい結果になっても致し方ありません。

2016年07月03日7時33分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(46)神はどのようにして存在するようになったのか 正木弥

神が存在する“前”はありません。神は永遠の前から存在していました。造られた存在ではなく、自然発生した存在でもありません。永遠に自存しておられる方です。死ぬことも、消滅することもありません。永遠に存在する方です。

2016年06月26日7時06分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(45)神はどこにいるのか 正木弥

神は、前項記述の通り、霊である(物質でない)ので、人間の目には見えません。それだけでなく、自由自在に伸び広がり、自由自在に素早く移動することができます。

2016年06月19日21時03分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(44)神はなぜ見えないのか 正木弥

音波は見えないが、現実に音が聞こえるので、音波があると分かります。紫外線も見えませんが、日焼けにあった箇所を見て紫外線が来たことが分かります。

2016年06月12日18時58分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(43)神の存在は証明できるのか 正木弥

神を信じるのは論証によってではありません。むしろ直感によるのです。しかし、信じるなら、論証がいっぱい出てくるので、以下お示ししておきます。

2016年06月05日18時33分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(42)科学と理性は神がいないことを示しているではないか 正木弥

ある浮浪者が山の中で一軒家を見つけました。さ~て、ここを自分の“ねぐら”にでもしようかと考えて、本当に誰もいないか、とよく観察しました。

2016年05月29日6時19分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(41)神はどのような方なのか 正木弥

世界には実にさまざまなものが神として拝まれています。中には手の届かない大きさとか、他を圧する強さの故に何らかの力が秘められているように感じられるのかもしれません。

2016年05月22日6時32分

なにゆえキリストの道なのか(40)キリスト教はパウロがつくったと言えないか 正木弥

なにゆえキリストの道なのか(40)キリスト教はパウロがつくったと言えないか 正木弥

キリスト教はパウロがつくったと言えないか。そういうふうに言う人もいます。まず何よりも、イエス・キリストその方が来臨し、多くの説教や例え話、癒やしなどの奇跡、そして十字架の犠牲の死と復活の事実があってこそ、パウロの教理も勧めも立てられたのです。

2016年05月15日6時35分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(39)キリスト教はなじみがないので取っ付きにくい 正木弥

言語はもちろんのこと、風習や社会制度も大きく異なり、文明の中心地ギリシャ、ローマからすれば後進の地、はるか東方の地、そのような外国をめぐる宗教がキリスト教でありました。

2016年05月08日6時31分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(38)たくさんの教派・教会の中で、どれを選んだらよいのか 正木弥

端的にいえば、その教派・教会が聖書にあることを語り、実践しているかどうかを判断し、あとは自分の感性に合っているか否かで選んだらよいでしょう。

2016年05月02日23時27分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング