ホーム > 論説・コラム > 執筆者一覧
後藤牧人 後藤牧人 (ごとう・まきと)  

1933年、東京生まれ。井深記念塾ユーアイチャペル説教者を経て、町田ゴスペル・チャペル牧師。日本キリスト神学校卒、青山学院大学・神学修士(旧約学)、米フィラデルフィア・ウェストミンスター神学校ThM(新約学)。町田聖書キリスト教会牧師、アジアキリスト教コミュニケーション大学院(シンガポール)教授、聖光学院高等学校校長(福島県、キリスト教主義私立高校)などを経て現職。

記事一覧

後藤牧人

日本宣教論(102)「学習のための集団」型 後藤牧人

日本のキリスト教会は、「礼拝者の共同体」を形成するとき、この「学習のための集団」のパターンに従って自己を形成しているように思われる。実は、これらの集団には、日本の教会との間の共通性をかなり発見できるように思う。

2019年10月15日22時45分

後藤牧人

日本宣教論(101)フラー流の手法 後藤牧人

インディアンは、無文字社会である。研究者は伝説や通過儀礼、生活習慣などを観察して分析するのである。ルース・ベネディクトは無文字社会のこの研究の手法を使って、戦時中に日本兵捕虜を通訳を使って尋問して、その結果をまとめた。

2019年10月01日22時18分

後藤牧人

日本宣教論(100)日本評価の基準 後藤牧人

日本には、日の丸・君が代に対するアレルギーがあり、クリスチャンの中には、これらに対する敬意の表明は偶像崇拝である、とする者もある。確かに前大戦にあっては、この2つの象徴のもと多くの血が流されたことは事実である。

2019年09月17日22時39分

後藤牧人

日本宣教論(99)擬似政教分離 後藤牧人

戸村政博は明治憲法の政教分離を指して、「擬似政教分離」だと言っている。この用語は村上重良が言い始めたのだろうか、村上の『国家神道』(岩波新書)にも、この語を使っている。

2019年09月03日17時57分

後藤牧人

日本宣教論(98)政教分離 後藤牧人

さて「政教分離」は、マスコミの誤訳らしいと言った。たぶんマスコミがその場限りのつもりで、一時的に使用した訳語を日本社会の全体が丸呑みし、キリスト教会も同様で、ただちにそれが確定してしまった、ということなのだろうか。

2019年08月20日15時56分

後藤牧人

日本宣教論(97)西欧化の先駆者型 後藤牧人

多くの日本のキリスト教会は、この第2の型を持っており、無教会派にもこの傾向はかなりあるといえる。これは日本社会の在り方を批判し、どちらかといえば西欧的な人間像の理想を模範と考える傾向である。

2019年08月06日17時49分

後藤牧人

日本宣教論(96)無教会主義型 後藤牧人

無教会主義は、日本に特有の現象である。これは内村鑑三という旧制一高の教師、のちに独立伝道者となった偉人によって創始された。この教派は、教会としての組織を否定し、教職者制を否定し、原則として建物や不動産を所有せず、集会は聖書研究を中心とする。

2019年07月23日21時57分

後藤牧人

日本宣教論(95)日本のキリスト教会の現状 後藤牧人

日本の社会は、このように「イエ」と「職場」の2つの強力な共同体が存在し、人間はそこで安定感を得ている。であるから、それに加えて人工的な共同体などを必要としてはいないし、ましてや人為的な擬似共同体のようなものへのニーズや渇きも不在である。

2019年07月10日21時47分

後藤牧人

日本宣教論(94)日蓮 後藤牧人

日蓮は、親鸞とほとんど同時代であった。日蓮の教説は、念仏宗に対する異議申し立ての要素が強いように思われる。彼は法華経の復権をはかり、仏教の正統を守ろうとしたようである。

2019年06月25日10時27分

後藤牧人

日本宣教論(93)蓮如の道場 後藤牧人

蓮如は、各地に道場を作らせた。これは有力者の自宅のこともあり、または10〜12坪の独立した簡単な建物を作ることもあった。信徒はここにしばしば集まって、信心について話し合うように命じた。

2019年06月11日23時35分

後藤牧人

日本宣教論(92)蓮如の宗教運動 後藤牧人

蓮如の宗教運動は、注目に値する。ざっとその信仰の系譜を、小生なりの不十分な理解ではあるが、紹介すると次のようになる。彼は念仏信仰を広めた。もともとヒンズー教の伝統によれば、「難行苦行」による輪廻(りんね)からの解脱が信仰の基礎である。

2019年05月28日21時47分

後藤牧人

日本宣教論(91)ロサンゼルスの東本願寺仏教教会 後藤牧人

ロサンゼルスで、東本願寺派の日曜礼拝に出たことがある。賛仏歌を歌い、経典の交読があり、信徒を含めての一斉の読経があり、ついで説教僧による説教があった。仏教の教義の一部と道徳的な勧めで、イエスの言葉も巧みに引用されていた。

2019年05月14日21時34分

後藤牧人

日本宣教論(90)米国社会と共同体・その2 後藤牧人

たいていのクラブが、出資者としては相続した資産を持つ者に限定し(建前としては)、自分一代で財産を築いた者は排除される。そういう人間は、粗野だと思われている。「銀のスプーンをくわえて生まれた」者だけの集まりである。

2019年04月30日18時00分

後藤牧人

日本宣教論(89)米国社会と共同体 後藤牧人

米国社会は、共同体の存在という点では日本とはずいぶん違っている。その意味では、米国と日本はほとんど対極にあると言えそうである。職場というものは存在しない。人事は日本流に言えば、非常に落ち着かない。

2019年04月16日22時40分

後藤牧人

日本宣教論(88)綜合型宗教 後藤牧人

キリスト教は、第一から第三に至るすべての機能を有している唯一の宗教である。冠婚葬祭のための諸儀式がそろっており、クリスチャンは教会でそれらに参加する。なお、他宗教による社会儀礼は、クリスチャンには無効であると考えられている。

2019年04月02日20時01分

後藤牧人

日本宣教論(87)日本の宗教・その2 後藤牧人

このタイプの宗教は個人のニーズに応えようとするものである。冠婚葬祭型宗教は、共同体のニーズに応えるが、個人の問題には応えない。そこで第二型の宗教群は奇跡的な癒やし、手っ取り早いもうけ話、成功などを約束し、提供する。

2019年03月19日14時00分

後藤牧人

日本宣教論(86)日本の宗教 後藤牧人

これまで見てきたように、日本の精神文化のすべてが「孤独への機会」という性質を持っているのであるが、宗教においてはどうであろうか。日本の宗教は、概して日本社会に対して3つの役割を果たしている。

2019年03月05日14時21分

後藤牧人

日本宣教論(85)孤独の創造 後藤牧人

日本人は生きるために共同体に所属するが、それはいわば主食である。しかし、かれは精神的な健康を維持するためにわずかの「孤独」を必要とする。それはちょうど、人間が微量のミネラルを必要とするのと似ている。

2019年02月19日10時22分

後藤牧人

日本宣教論(84)2つの共同体からの脱出 後藤牧人

人間は1人では生きていけない。何かに所属することが必要である。自分の所属する小宇宙が必要である。日本の社会を考えると、人々は2つの共同体に所属しており、概して日本人はそれによって所属願望を満たされている、と言える。

2019年02月05日17時21分

後藤牧人

日本宣教論(83)日本人と社交 後藤牧人

日本人は、一般に社交が下手だとされる。業界などのパーティーでも、名刺の交換が終わると、知り合いだけで固まってしまう、などと言われる。初めての人と楽しく会話をすることなど、日本人は不得手である。

2019年01月24日20時11分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース