米俳優デヴィッド・ボレアナズ「女性問題で夫婦の絆強まった」

2011年10月21日14時08分 印刷
関連タグ:アメリカ

米国のテレビドラマ「BONES」で人気を集めた俳優のデヴィッド・ボレアナズは、昨年、人気プロゴルファーのタイガー・ウッズの浮気問題でも話題となった女性との不倫関係を認めている。

『プレイボーイ』の撮影で知り合った女優のジェイミー・バーグマンと結婚したボレアナズは、ウッズとの関係を報じられたこともあるレイチェル・ウチテルさんとの関係を認めた。

その際、ボレアナズは、「僕たち夫婦は非常にぎくしゃくした関係を修復しようとしてるんだ」と語った。そして、「結果的に女性問題のお蔭で夫婦の絆がより強まった」とも述べていた。

ボレアナズは、「結婚という神聖な場所において、一度夫婦関係を壊すことで気付かないことに気付くことができる。少しだけ今の場所から離れることで、自分自身を見つめ直しているんだ」とTVウィークで語っている。さらに、「その問題は終結したと思っていたのに、また降り掛かってきて悪夢だったよ」とも話している。

昨年、ボレアナズを巡って起こった問題はこの女性関係だけにとどまらず、彼は不倫を認めた後、「BONES」のエキストラからセクハラで民事訴訟を起こされた。ボレアナズは当初、起訴事実を否定していたが、今年3月になって示談が成立した。

ボレアナズは示談について、「結婚生活の存続のためにやむを得ない選択だった」と弁解している。彼はインタビューの中で、「どんな関係においても『素晴らしい』と感じられる時と『非常に辛い』感じられる時があるものだ」と付け加えた。

「BONES」のスターは、近いうちに結婚生活をやめることなどあり得ないと主張している。更に「僕が離婚すると思うかい?それはないよ。僕は何度でもチャレンジするファイターで、愛情深いんだ」と語った。

ボレアナズ夫妻は、9歳の息子ジェイデンと2歳の娘ベラの2人の子どもに恵まれている。

なお、ボレアナズの不倫相手のウチテルさんは今年の初めに、ラスベガスの実業家マット・ハン氏と結婚した。

関連タグ:アメリカ

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース