ナイジェリアで武装勢力襲撃、81人死亡 ボコ・ハラムの犯行か

2020年6月15日23時54分 印刷
+ナイジェリアで武装勢力襲撃、81人死亡 ボコ・ハラムの犯行か
ナイジェリア北東部ボルノ州で9日、イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」とみられる武装集団に襲撃され殺害された人々(写真:Abubakar Sadiq Kurbeさんのツイッターの動画より)

ナイジェリア北東部ボルノ州で9日朝、イスラム過激派「ボコ・ハラム」とみられる武装集団が村を襲い、少なくとも81人が死亡、村長を含む7人が拉致される事件があった。

ボルノ州政府の声明(英語)によると、襲撃されたのは同州グビオの中心部から北に約35キロのところに位置するファドゥマコロンディ村。遊牧民で構成された村で、生存者によると、81人が死亡、13人が負傷、7人が拉致された。

襲撃を逃れた村の男性によると、武装集団は9日午前10時ごろ、銃を積んだトラックや武装した装甲車で村にやって来て、午後4時ごろまでの約6時間にわたり、襲撃を行った。

男性によると、武装集団は初め、住民らに宗教的な説教をすると言い、持っている武器をすべて差し出すよう指示。住民が武器をすべて差し出すと、突然、女性や子どもにかかわらず発砲し始めた。多くの住民は至近距離で撃たれ、逃げようとした住民も多くが銃殺された。

犠牲になった81人のうち、49人はその日の夜から翌日朝の6時ごろまで、一晩かけて埋葬され、32人は近隣の村に住む親族に引き取られた。武装集団は畜牛400頭も持ち去ったという。

ボルノ州のババガナ・ウマラ・ズルム知事は事件翌日の10日、襲撃されたファドゥマコロンディ村を視察。襲撃を「野蛮」な行為だと非難し、「この虐殺を止める唯一の方法は、武装勢力をこのチャド湖畔から一掃することだ。そのためには、地域一体となった取り組みが必要だ」と語った。

ボコ・ハラムはここ数年、ナイジェリアやニジェール、チャド、カメルーンなど、西アフリカでテロ活動を展開しているイスラム過激派。2014年にはボルノ州チボクの学校を襲撃し、女子生徒ら276人を拉致。一部は解放されたが、多くがイスラム教に強制的に改宗され、戦闘員と結婚させられたり、自爆テロを強要されたりしていると伝えられている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース