キリスト教徒の15歳少女、改宗拒否でボコ・ハラムに依然拘束 福音派諸団体が祈りを要請

2018年11月5日16時37分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+キリスト教徒の15歳少女、改宗拒否でボコ・ハラムに依然拘束 福音派諸団体が祈りを要請
ボコ・ハラムにより、今年2月19日にナイジェリアで拉致された女子生徒110人のうち、現在も唯一拘束されているレア・シャリブさん(写真:世界福音同盟=WEA)
- 広告 -

イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」が今年2月、ナイジェリアの女学校を襲い、女子生徒110人を拉致した事件で、キリスト教徒の少女1人が、イスラム教への改宗を拒否したことで、現在も唯一拘束されている。世界の福音派諸団体は、少女のために祈るよう呼び掛けており、ナイジェリア政府や国際社会に対して、解放に向けた努力を一層強めるよう求めている。

拘束されているのは、レア・シャリブさん(15)。ボコ・ハラムが今年2月19日、ナイジェリア北東部ヨベ州ダプチにある女学校を襲撃した際、他の女子生徒109人と共に拉致された。拉致された女子生徒の大半は、ナイジェリア政府による交渉で3月21日に解放されたが、5人は死亡した。解放された女子生徒は全員がイスラム教徒で、改宗を拒否したシャリブさんだけが、拉致から9カ月近くが経過した現在も拘束されている。

一方、ボコ・ハラムは9月17日、人道支援ワーカー2人を処刑した。シャリブさんについては、生涯奴隷として生きることになると述べている。

赤十字国際委員会によると、国際赤十字で看護師として働いていたキリスト教徒の女性、アリス・ヌガダフさんも3月1日、ボコ・ハラムに捕らえられ、シャリブさん同様、生涯奴隷として生活することになると言われている。

プロテスタント福音派の世界組織である世界福音同盟(WEA)は10月30日、アフリカ福音同盟(AEA)とナイジェリア福音同盟(NEF)と共に、シャリブさんとヌガダフさんの解放を求める声明(英語)を発表した。WEAのエフライム・テンデロ総主事は声明で次のように述べている。

「15歳の少女であるシャリブさんは、イスラム教に改宗することで自分の命を救うこともできました。しかし彼女は、イエス・キリストへの信仰を捨てないことを選びました。そればかりか、自由になることと引き換えに、主イエスとの関係と信仰に固く立ちました。その姿は、私たち全員に対して励ましと模範になっています。シャリブさんとヌガダフさんのために、共にお祈りください。2人が強められ、励ましを受け、自分たちが神の御手の中にいることを確信できますように」

「キリスト者の世界団体として、WEAは、あどけない少女や人道支援ワーカーを拉致し、その信仰故に囚われた方々に改宗や奴隷生活を強要し、人質を無残に殺害するという邪悪な行為を非難します。世界に広がる組織を代表し、殺害された方々のご遺族のために祈り、心から哀悼の意を表明します。また今日、私たちは特に、シャリブさんとヌガダフさんの即時解放を訴えます。2人が自由の身となり、自分で選ぶ通りに生きることができますように」

このナイジェリアでの事件を含め、アフリカでは複数の地域で類似した事件が起きている。AEAのアイア・フォデイカベエンジェ総主事は次のようにコメントした。

「聖書が教える通り、すべての人が神にかたどられて造られ、尊厳を帯びていることを私たちは承知しています。聖書は、私たちが無条件に御言葉に従い、すべての人を自分自身と同じように愛することを求めています。堕落し、罪にまみれた人類に、悔い改めを呼び掛け、救い主であるイエス・キリストを通して神と和解するよう促すことほど、神の愛をうまく表現する方法はありません。すべての人がこの提案を信じ、受け入れるわけではありませんが、これはこの世に対して無害なメッセージであり、福音なのです」

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング