新型コロナウイルスでカトリック司祭10人死去 イタリア

2020年3月17日23時46分 印刷
+新型コロナウイルスでカトリック司祭10人死去 イタリア
司祭6人が亡くなったイタリア北部ベルガモ教区の司教座聖堂(カテドラル)(写真:Geobia)

新型コロナウイルスによる感染で、16日までにイタリアのカトリック司祭10人が死去した。死者が出たのは、感染が集中している北部ロンバルディア州にあるベルガモ、ブレシア、クレモナの3教区。このうち最も被害がひどいのはベルガモ教区で、司祭20人が入院し、うち6人が亡くなった。カトリック系のCNA通信(英語)が同日伝えた。

CNA通信によると、ベルガモ教区のフランチェスコ・ブレスキ主教は同日、イタリアのカトリック系ラジオの取材に、「今週亡くなった司祭の数、また非常に危険な状況にある司祭の数はとても多い」と語った。

同教区で亡くなった6人の中には、パラグアイで宣教師として奉仕していた70歳の司祭や、59歳の司祭が含まれている。ベルガモは、第2バチカン公会議を開いた教皇ヨハネ23世(1881~1963)の故郷として知られているが、市当局は13日、病院の葬儀場がいっぱいになったため、共同墓地や教会を一時的な遺体安置所として開放すると発表するほど死者が出ている。

ブレシア教区では3人の司祭が亡くなった。このうち1人は74歳。クレモナ教区では、教区紙を30年にわたって担当してきた司祭1人が亡くなった。

クレモナ教区のアントニオ・ナポリオニ主教も感染し、10日間入院した。呼吸器系に重度の症状があったが回復し、16日に退院。現在自宅で14日間の隔離措置を取っている。

この他、中国・南陽教区名誉主教の朱宝玉(ジョセフ・ツー・バオユ)主教も感染したが、14日までに回復した。朱主教は98歳だった。

フランス西部のアンジェ教区は、先週バチカンを訪れたエマニュエル・デルマ主教が16日、新型コロナウイルスの検査の結果、陽性だったことを発表。しかし、デルマ主教の容体は悪くはなく、懸念するほどではないという。

イタリアは、新型コロナウイルスの感染が欧州で最も深刻で、感染者は16日までに2万7980人に上り、死者はこの4日間で千人以上増え、2158人となった。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月6日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 3,654
(+383)
1,129,775
(+81,772)
死者数 73
(+3)
62,703
(+5,798)
回復者数 584
(+9)
257,455
(+12,436)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース