一日百笑、一生感謝 佐々木満男

2019年12月20日13時35分 コラムニスト : 佐々木満男 印刷
関連タグ:佐々木満男

1.「うつ病九段」

天才棋士といわれた将棋士の先崎学九段(48歳)が突然うつ病になった。発症の過程から病状の進展と治癒に至る経緯を『うつ病九段』(文芸春秋刊)という一冊の本にした。その中で先崎さんはこう書いている。

「うつ病の朝の辛さは筆舌に尽くしがたい。あなたが考えている最高にどんよりした気分の10倍と思っていいだろう。まず、ベッドから起きあがるのに最短でも10分はかかる。ひどい時には30分。頭の中には、人間が考える最も暗いこと、そう、死のイメージが駆け巡る。私の場合、高い所から飛び降りるとか、電車に飛び込むなどのイメージがよく浮かんだ。つまるところ、うつ病とは死にたがる病気であるという。まさにその通りであった」

先崎さんの兄は精神科医で「大丈夫だ、必ず良くなる」と繰り返しメールで励ましてくれたそうだ。先崎さんはその言葉で癒やされたという。

2. 私のうつ病

私も数カ月間ではあったが、うつ病になった。それまでは元気で何事も好調で、伝道も仕事も積極的にこなしていた。やることが次第に過重になっていたが、乗り切れるだろうと、頑張り続けた。

でも、いつしか自分の限界をはるかに超えてしまい、物事が次々にうまくいかなくなった。いくつものお皿を棒の上で回していた曲芸師が、調子が狂って、お皿が次々に落ちていくような状態だった。眠れない日が続き、ついにうつ状態になった。

聖書を読んでも砂を噛むようだ。祈ることもできない。人にも会いたくない。小さなことも、決断ができない。何をしても失敗するだろうと恐れる。世の中のことに興味が失われていく。街の風景がモノクロに見える・・・。まさに、うつ病の典型的な症状で「生ける屍」になる寸前であった。

3.「一日百笑、一生感謝」

しかし「死にたい衝動」には駆られなかったから、私のうつ病は比較的に軽かった。病院にも行かず、市販の薬も使わなかった。私が早期に回復した最大の力は、「子どもの笑顔」と「聖書の言葉」だった。

子どもはいつも笑っている。兄弟げんかして泣いても、すぐに忘れて、また仲良く遊んでいる。子どもは一日に400回以上笑うという。生まれた時からそう造られている。親を信じ親に頼っているから、安心して笑っていられる。

しかし、大人は何と1日10数回しか笑わない。悩み始めると、1日に1回も笑わない。笑えない日が1週間も10日も続くと、うつ病の初期症状である。大人になるにつれて、自分の力で生きなければならなくなるから、喜びが薄れ、笑顔も消えていくのである。

街を歩きながら、お母さんと一緒でニコニコ笑っている子どもを見ると、真似して笑うようにした。初めは無理に笑顔を取り繕ったが、次第に自然に笑えるようになってきた。

また、聖書を読んだり祈ったりする力はなかったが「いつも喜んでいなさい、絶えず祈りなさい。すべてのことについて感謝しなさい」(1テサロニケ5:16~18)、「主はあなたのすべての病を癒される」(詩編103:3)などの短い聖句を心の中で繰り返し唱えた。

こうして、自分の思いが天の父に向いてきた。「私の信じる神は、万物の創造主であり、絶対に信頼できる慈愛の父である。本当は、いつも喜んで笑うしかないのだ。いつも祈って感謝するしかないのだ」と思えるようになった。笑いと感謝でうつ病から立ち直った。

だから、「1日100回は笑おう!一生感謝しよう!」と自分に言い聞かせている。

佐々木満男

佐々木満男(ささき・みつお)

弁護士。東京大学法学部卒、モナシュ大学法科大学院卒、法学修士(LL. M)。インターナショナルVIPクラブ東京大学顧問。

関連タグ:佐々木満男

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース