パレスチナ自治政府、現地の福音同盟を正式認可

2019年11月12日11時43分 印刷
+パレスチナ自治政府、現地の福音同盟を正式認可
パレスチナ自治政府から受けた認可書を持つ聖地福音派教会地域協議会(CLECHL)のムニル・カキシュ会長(左)と、世界福音同盟(WEA)のエフライム・テンデロ総主事(写真:WEA)

パレスチナ自治政府が、現地の福音同盟を宗教団体として正式に認可した。インドネシアの首都ジャカルタ近郊で開催されている福音派の世界組織「世界福音同盟」(WEA)の総会(7~12日)で発表された。

パレスチナのヨルダン川西岸地区には、現地の福音派教会の同盟組織「聖地福音派教会地域協議会」(CLECHL)があり、これまで12年にわたり、認可取得のために働き掛けてきたという。

同協議会のムニル・カキシュ会長はWEAの総会で、正式に法的な認可を取得できたことを発表。「宗教団体として完全な市民権を与えられました。近隣諸国ではこのような認可が与えられておらず、これは歴史的な瞬間です。われわれの心は神に対する感謝であふれています」と喜びを露わにし、自治政府のマフムード・アッバス議長らに謝意を示した。

宗教団体として正式に認可されたことで、同協議会は今後、結婚証明の発行や銀行口座の開設、団体名での土地取得などが可能となる。

WEAのエフライム・テンデロ総主事は、同協議会が認可されたことに喜びを示し、信教の自由のためのアドボカシー活動が、WEAの重要な働きの一つであることを強調した。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース