米国福音同盟、新会長に韓国系米国人のウォルター・キム氏 非白人系で初

2019年10月25日23時56分 印刷
+米国福音同盟、新会長に韓国系米国人のウォルター・キム氏 非白人系で初
左から、新議長に選出されたジョン・ジェンキンス氏、新会長に選出されたウォルター・キム氏、新副議長に選出されたジョー・アン・リオン氏(写真:JeffreyGrounds Photography)

福音派を中心とする全米4万5千教会のネットワークを形成する米国福音同盟(NAE)は17日、米ミネソタ州セントポールで理事会を開き、韓国系米国人のウォルター・キム氏(51)を新会長に選出した。白人以外が会長に選出されるのは、1942年のNAE創設以来初めて。

キム氏は現在、米バージニア州シャーロッツビルにあるトリニティー長老教会の牧師を務めている。NAEの会長には来年1月1日に就任するが、その後も同教会の牧会チームの一員として牧師の働きは継続する。同教会の前には、200年余りの歴史があるボストンのパークストリート教会で15年間牧会経験を積んだ。同教会はNAE創設時にも重要な役割を担った。キム氏自身は、2013年からNAEの理事を務め、NAEが主催するイベントや出版に携わり、倫理問題や教会生活、人種的和解、性に関する問題など、さまざまな課題に取り組んできた。

米ノースウェスタン大学で学士号(哲学、歴史学)、カナダのリージェント大学で修士号(神学)、米ハーバード大学近東言語文化研究科で博士号(Ph.D)を取得。アメリカ長老教会(PCA)と保守会衆派キリスト教会議(CCCC)で牧師としての資格を有する。各種集会で講師として活躍しており、米クリスチャニティー・トゥデー誌の理事も務めている。

NAE理事会のロイ・テイラー議長は、「実績のある牧師であり、学者であり、ソートリーダー(思想的指導者)でもあるキム氏は、これらの能力を十分に生かして、この米国福音同盟の今後10年を導くことでしょう」とコメント。キム氏の選出を歓迎した。

キム氏の選出は、2006年から会長を務めているリース・アンダーソン氏が今年2月、任期満了を迎える今年末で退任する意向を示したことで行われた。アンダーソン氏は「キム氏は、人々の人生に影響を与え、地域社会を変革し、文化を変える福音に対してとても情熱的で、その情熱は多くの人たちに伝わっていくことでしょう」と述べ、期待を示した。

一方、キム氏は「米国福音同盟は、善きことに対して極めて重要な影響力を持つ組織であり、謹んでこの奉仕に当たります。私たちには、福音を証しし、そのために働くという差し迫った召命があり、この組織を導くことを委ねられたことは非常な光栄です」と語った。

理事会ではこの他、新議長にグレナーデン第一バプテスト教会牧師(メリーランド州)のジョン・ジェンキンス氏を、新副議長にウェスレアン教会(米インディアナ州に本部を置くメソジスト派教団)名誉総監督兼大使のジョー・アン・リオン氏を選出した。2人は現在、NAEの執行委員会のメンバーで、ジェンキンス氏は理事会の副議長も務めている。2人は来年3月に開催される次期理事会以降、新しい役職に就く。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース