世界福音同盟、来年に「聖書世界年」キャンペーン ウィクリフ、米聖書協会などと協力へ

2019年8月14日11時53分 印刷
+世界福音同盟、来年に「聖書世界年」キャンペーン ウィクリフ、米聖書協会などと協力へ
フィリピンの首都マニラで開催された青年大会「世界イエス青年の日」(8~10日)の基調講演で話をする世界福音同盟(WEA)のエフライム・テンデロ総主事=10日(写真:WEA)

世界福音同盟(WEA)は10日、聖書の愛読や翻訳、頒布促進などを、1年を通して呼び掛けるキャンペーン「2020聖書世界年(AD 2020 Global Year of the Bible)」を来年開催すると発表した。各国の福音同盟や加盟団体に働き掛け、世界中の福音派に参加を呼び掛ける。また、ウィクリフ聖書翻訳協会やユース・ウィズ・ア・ミッション(YWAM)、米国聖書協会などの団体とも協力し、2020年が聖書の重要性を確認する世界的な記念の年となるよう目指す。

この計画は、WEAのエフライム・テンデロ総主事が同日、フィリピンの首都マニラで開催されていた青年大会「世界イエス青年の日」の基調講演で明らかにした。テンデロ氏は、約40カ国から集まった青年リーダーたちを前に、聖書がこの数千年間、世界において無類の役割を担ってきたと強調。キャンペーンを通して、「われわれは、一致や自由、発展、また人生の質を高めてくれる永遠の土台である聖書の重要性に焦点を当てる」と語った。

キャンペーンでは、主に以下の3点を推進・奨励する。

  • 個人またコミュニティーレベルで聖書を読む機会を増やし、聖書をより深く読むことを奨励する。
  • 必要とされているできるだけ多くの言語において、聖書の翻訳、出版、頒布を促進する。
  • すべての世代、特に若い世代が、聖書とより関わりを持つことができるよう助けるリソースを提供する。

WEA国際理事会の執行委員会は、ロイド・エストラーダ氏を代表とする「聖書参加推進チーム」を組織しており、同チームが主体となって、各国の福音同盟やWEAの加盟団体に働き掛け、キャンペーンへの参加を呼び掛けていく。15~16日には、米ワシントンの聖書博物館でウィクリフ聖書翻訳協会などの諸団体と会議を開き、各団体と役割分担などを話し合った上で、キャンペーンを正式に発表するという。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース