バチカン、「パレスチナ」を国家承認 包括協定発効で

2016年1月5日20時40分 印刷
+バチカン
バチカンのサンピエトロ大聖堂からの眺め(写真:Diliff)

バチカンは2日、パレスチナを国家として承認する両者間の包括協定が発効したと発表した。

この包括協定は、バチカンとパレスチナ国家が昨年6月に署名したもの。共同声明には、「この協定が発効するための憲法上ないし内部の規定が満たされたことを両者が書面においてお互いに通知したときに、この協定は発効する」と述べられていた。

同協定は「パレスチナにおけるカトリック教会の生活と活動が持つ不可欠な諸側面を尊重する一方、同時にこの地域における紛争の交渉による平和的解決のための支援を再確認する」としている。

両者による公式発表(本紙による日本語訳、非公式)は次の通り。

バチカンとパレスチナ国家の協定の発効

2015年6月26日に署名されたバチカンとパレスチナ国の包括協定に関し、バチカンとパレスチナ国家は、同規定の第30条の条件のもと、その発効のための手続きに関する規定が満たされたことをお互いに通知した。

この協定は、全文と32の条項からなり、パレスチナにおけるカトリック教会の生活と活動が持つ不可欠な諸側面を尊重する一方、同時にこの地域における紛争の交渉による平和的解決のための支援を再確認する。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース