米人気クリスチャン女性作家が急逝、37歳 「聖書的女らしさ」を1年実践した著書など

2019年5月6日20時29分 印刷
+米人気クリスチャン女性作家が急逝、37歳 「聖書的女らしさ」を1年実践した著書など
37歳で亡くなったレイチェル・ヘルド・エバンズさん(写真:ゴーファンドミーに開設されたレイチェルさんの家族を支えるための募金用ページより)

聖書にある女性に関する命令を1年間、文字通り実践しようとした体験をつづった『A Year of Biblical Womanhood(聖書的女らしさの一年)』などで知られる、米国の人気クリスチャン女性作家、レイチェル・ヘルド・エバンズさんが、現地時間4日早朝に亡くなった。37歳だった。感染症で治療を行っていたが、約2週間前から昏睡状態となっていた。夫のダニエルさんが、レイチェルさんの公式ブログ(英語)で発表した。

レイチェルさんは1981年、米南部のバイブルベルトに位置するテネシー州デイトンで生まれた。デイトンは、米国における進化論VS創造論をめぐる歴史的裁判「スコープス裁判」の舞台となった町で、レイチェルさんはそこで非常に保守的な福音派のクリスチャンとして育つ。しかし信仰の危機を経験する中で、自らの信仰を主体的に問い直していくことになる。

処女作『Evolving in Monkey Town(モンキー・タウン〔デイトンを指す〕で進化する)』(2010年)は、そうした過程を描いた自伝的著書で、賛否ありながらも注目を集めた。そして、2年後に出版した『A Year of Biblical Womanhood』で、米ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー(電子書籍・ノンフィクション部門)に選ばれた。他に『Searching for Sunday(日曜日を探し求めて)』(15年)、『Inspired(インスパイアーされて)』(18年)の著書がある。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング