ヘリでイースターエッグ3万個落とす 米イリノイ州の教会がイベント

2019年4月20日18時41分 印刷
+ヘリでイースターエッグ3万個落とす 米イリノイ州の教会がイベント
昨年のイベントで、ヘリコプターからカラフルなイースターエッグを落とす様子(写真:メトロコミュニティー教会)

米イリノイ州にあるメトロコミュニティー教会がイースター(復活祭)前日の20日、イースターエッグ3万個をヘリコプターから落とし、地域の子どもたちにエッグハントを楽しんでもらうイベントを行う。

同教会は、同州のエドワーズビルとバンダリアにキャンパス(拠点)を持ち、毎週約1600人が礼拝に通う。ヘリコプターからイースターエッグを落とすイベントは、今年で2回目の開催。昨年は1万個だったが、関心が高く多くの参加者があったことから、3万個に増やした。

フードトラックの数も増やし、近くの学校と協力して利用可能な駐車場も拡張。参加者を年齢別に分ける工夫も加えた。参加者にはさまざまな賞を用意しており、ヘリコプターに搭乗できる賞も用意しているという。

同教会の活動責任者であるジョン・ヘルムカンプ氏は、クリスチャンポストの取材に応じ、次のように語った。

「私たちは、このようなイベントを通じて、地域の人々と関係を築いてきました。そして、教会員とふれあい、イエスの思いを知り、礼拝に参加し、神との関係を築き始めようと決めた人々や家族が変えられていくのを見てきました。このようなイベントを通じて、イエスの希望を分かち合うことは、私たちが地域の人々を愛する方法でもあるのです」

ヘリコプターでイースターエッグ3万個落とす 米イリノイ州の教会がイベント企画
メトロコミュニティー教会のエドワーズビル・キャンパス。イベントはキャンパスの敷地内で行われる。(写真:同上)

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング