百人一読シーズン2―偉人と聖書の出会いから―(10)ヴィクトル・ユーゴー 篠原元

2019年1月22日12時24分 コラムニスト : 篠原元 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:篠原元
+百人一読―偉人と聖書の出会いから(7)ヴィクトル・ユーゴー 篠原元
ヴィクトル・ユーゴー(1802~85)
- 広告 -

2019年がスタートしてから3週間です。皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?寒いですね。インフルエンザにかかる人や風邪の人が多いですが、健康には注意してお過ごしください。ちなみに、陽気な心って大事です。心を意識して陽気な状態に保ってみてください。それが、健康につながります。これは、絶対です!

さて、今日も質問から入ります。まず、女性の皆さんに。「イケメンが多いお店」ってどこでしょうか?例えば、「おもちゃ屋さんって、どこもイケメンがいる確率が多い」とかですね。まぁ、思い浮かべる所があるはずですが、答え(私が用意している答え)は、後ほどに。

また、男性の皆さんにも女性の皆さんにも質問します。「あなたは、明日死にます」と言われたら、今日1日何をしますか?今この瞬間、本当にそう言われたならば、おそらく今日の予定を全部キャンセルして、何か違うことをしますよね?朝、満員電車で通勤中にそう知ったならば、絶対に次の駅で降りて、会社なんか行きませんよね(笑)?

また、「あと24時間の命。好きなことしなさい」と宣告されたら、誰に会いに行きますか?故郷のご両親でしょうか。それとも、昔お世話になった恩師でしょうか。まぁ、間違えても、職場のお局さんやガミガミ上司には会いに行かないでしょうね。

それから、「今日で自分の一生は終わり」と悟ったら、何を食べますか?いつも通りの社食やランチってことはないですよね。もう、すぐにATMのある所に急いで、大金を下ろして、どっか行くでしょう。今まで行けなかったようなお店に。

まさか、カップラーメンをこの地上最後の食事にするって人はいないですよね(笑)。おそらく、日本人の皆さんなら、「寿司です!明日死ぬなら、今日は寿司を食べまくる。回る店じゃなくて、銀座とかの高級店で!」ってなるのでは?

寿司といえば、今月の2日に横浜のお寿司屋さんに行ってきました。いや、かなり待ちました。日本人は、お寿司が好きなんですねぇ。それで、順番が来るまで椅子に座って待っていたんですが、目の前を通った女性2人組がこんな感じのことを話していました。

「お寿司屋さんにはイケメンが多い!」。そうなんですかねぇ?女性の皆さん。私は、本当か知りませんが、彼女たち曰く、そうらしいです。

ま、とにかく、歩いていたり、電車に乗っていて、急に「ちょっと、そこのあんた!あんた明日死ぬよ!」と言われることはないはずですが、人がいつか死ぬ、そして、いつ死ぬのか分からない存在である、ということは事実ですよね。

寿司屋には本当にイケメンが多いのかどうかは知りませんが、人は誰しも死に、誰しもいつ死ぬのか分からないということは事実であり、皆さんもご承知の通りです。だから、自分もいつか死ぬ、そして、いつ死ぬかは分からないからこそ、いつ死んでもいいような生き方をしていく、そして死への備えをしておくべきですね。

仮にですが、あなたのお葬式の時、「あの人のおかげで今の私があるんです」と泣きながら言う人や、「あの人がいなければ、私はもうとっくに死んでいた!」と言う人が現れるとしたら、スゴイですね。

でも、反対に「この男は、昔にね、私を犯したのよ!こいつなんか、地獄よ~!」とか「この女は、私の夫を奪った最低の女!こんな女は今頃地獄にいるに違いないわ!」と叫ぶような人が1人でもいたとしたら、最悪ですね!

まぁ、そうならないようにも、正しい生き方をしといた方が絶対にいいですよ。

とにかく、いつ死んでもいいような正しい生き方をしていくこと、そして、死への正しい備えをすることが、生きている私たちにとって絶対的に重要になってきます。

さて、ある男の子が、スゴイ作文を書いたそうです。内容をいじります(盛ります)けど、どうぞ苦境に立たされるお母さんの立場になって、読んでみてください。

はい、想像しながら読んでください。皆さんはお母さんです。男性の皆さん、未婚女性の方々、女学生の皆さんも、自分が母親になったという想定で。

今日は、あなたの息子の小学校の授業参観日です。あなたは、いつもより化粧に時間をかけて、お洒落して、A小学校に向かいました。息子のいる教室に着くと、他のお母さん方も勢ぞろいしています。みんな、お洒落しています。息子があなたに気付いて、笑顔で手を振ってきます。あなたも、小さく手を振り返します。

はい、教室に先生が入ってきます。さぁ、授業参観のスタートです。今日は、ママたちが勢ぞろい。みんなワクワク、ドキドキしています。なぜって、子どもたちが、自分の母親について発表するからです。

子どもたちが順番に立ち上がり、書いてきたものを読み上げます。タイトルはみんな「うちのお母さん」。ある子は大きな声で、ある子はたどたどしく発表しています。でも、ママたちは大満足のようです。時に、ドッと笑いが教室に響きます。

さて、ついに、あなたの息子の番です。「みんな、しゃべるのが上手ねぇ。うちの子は大丈夫かしら」と心配していましたが、息子はスラスラと大きな声で読み出しました。ホッとする、あなた。

息子が読み上げます。「ぼくのお母さん。ぼくのお母さんは、スゴイです。ぼくが、朝起きたら、もういろんなことをしています。お洗濯やご飯の用意、それからパパの靴をみがいてあげています。だから、スゴイです。

あと、毎日おいしいご飯を作ってくれます。大きなジャガイモが入ったおいしいカレーライス、目玉焼きがのったハンバーグ。だから、ぼくのお母さんはスゴイです。

また、ぼくが学校から帰ったら、いつも手作りのプリンやゼリーを作って待ってくれています。お菓子を作るのもうまい、ぼくの自慢のお母さんです・・・」

あなたは最高の気分ですね。うれしいですよねぇ。「今日の夕飯は、息子の大好物のハンバーグにしようかなぁ」と考えます。

しかしです。ここからが、問題です。まだ、終わっていなかったのです!ここからは、まさに生き地獄のような時間になってしまいます!

「ほかにも、ぼくのお母さんはスゴイところがいっぱいあります。

お父さんに『お給料が少ないわ』と怖い声でガミガミ言っていても、クラスのB子ちゃんのお母さんから電話がかかってきたら、すぐに優しい声でオホホホと笑いながら話してました。だから、いろんな声を出せるスゴイお母さんです。

あと、デパートや高いレストランに行くときは、お家にいるときとまったく違うお顔で、まっ白なキレイなお顔になっているんです。お顔の色も変えることのできるスゴイお母さんです。

他にも、いつもは『お母さんは疲れるから、走れないよ』って、公園でぼくやお父さんが駆けっこしていても見ているだけなのに、スーパーとかのセールに行くと、新幹線みたいに速く走ってます。周りのおばさんたちを追い抜いて、『見て。これゲットできたよ!』ってぼくに自慢します。

だから、ぼくのお母さんは、声も変えることができるし、お顔の色も変えることができるし、走るのも速いしヒーローみたいです」

はい、どうですか?穴があれば、本当に入りたくなっちゃいますよね。実際、教室に穴なんかありませんけど・・・。周りのお母さんたちが、しかも、先生まで必死に笑いをこらえているのが分かります。我が子ながら殺意を感じちゃうかもしれませんねぇ。

途中までは良かった。そこらで終わってくれてほしかったですね。でも、途中から事態が変わります。雲行きが怪しく・・・。

今日、何が言いたいのかといいますと、つまり、この作文のように、途中まで良くても、最後がこんな感じだとアウトですね、っていうことです。

人生もそうではないでしょうか。最後が大事です。人生半ばまで大金持ちでも、最後に借金だらけで死ぬならば、どうでしょうか。前半や途中がどんなに良くて順調であっても、最後の最後に不幸せになり、惨めに死んでいくなら、どうでしょうか?

また、どんなに財産がある人でも、幸せな生活をしている人でも、社会的に有名な人でも、死んだらどうなるのでしょうか?人間的には、幸せのうちに死ねたとしてでもです。なぜならば、どんな人にも、死んだ後の世界が実際にあるからなのです。

実は、人間には死んだ後も続きがあるんです。人間は、この地上での歩みを終えて、死んで、焼かれて、無になるわけではないんです。お金持ちの人も貧乏な人も、死んで終わりではなく、死んだ後にも続きが永遠にあるんです。幸せな国か、苦しみの場所かで。

結論を言いますと、死んだ後に、幸せな場所に行くか、それとも苦しみと絶望の場所に行くか、そのどっちかになるわけです。そのように、世界のベストセラーである聖書は教えています。

幸せな場所とは、ズバリ言うと、天国のことです。天国には、キリストの神様がおられます。ここは、本当に幸せな場所です。問題は、誰が天国に行けるかということです。

ちなみに、あなたは、天国に行けますか?あなたは、仮に30分後死んでしまうとして、「大丈夫!絶対に、自分は天国に行けるから」という自信、確信がありますか?

そんな自信や確信がないという方が多いはずです。でも、世界のベストセラー聖書には答えが、つまり、天国に行ける方法が明記されています。

その方法をご紹介する前に、『レ・ミゼラブル』の作者であり、偉大な作家であるヴィクトル・ユーゴーが、こう述べています。

「イギリスには、ふたつの本がある。聖書とシェイクスピアだ。イギリスがシェイクスピアを作ったが、聖書はイギリスを作った」(『100人の聖書』26ページより)

スゴイ言葉ですね。ユーゴーに、国(イギリス)を作ったとまで言わしめているのが、聖書なのです。そして、その聖書は世界中で読み継がれています。その聖書の中に、人間にとって本当に大きな問題である「死」についても多く書かれていて、天国に行く方法も書いてあるわけです。

それと同時に、聖書は教えています。ある人たちは、いつか地獄へ行くことになると。そうなんです。天国に行く方法があるならば、逆に言えば、天国に行けない人もいるわけです。そして、その人は、まさに地獄に行くことになるのです。

人間は、2種類に分けることができるといえます。2種類しかいないのです。ある人は、死んだあと幸せな国に行ける。でもある人は、いつか地獄に落とされることになる。

皆さんは、どっちがいいですか?そんなの決まっていますよね。仮に「私?私は、地獄がいいなぁ。悪魔を見たいから」と真面目に考える人がいるなら、今すぐカウンセリングが必要です。

ここで、皆さんに考えていただきたいことがあります。皆さんの「神」という存在は、もしかして、自分ではありませんか?あなたは、自分を「神」のようにして、ただ自分の思うまま、感じるまま、欲するままに生きてはいませんか?

もし、そうであるならば、今日を方向転換の日としませんか。そして、最高に正しい、清い、幸せな歩みを始めませんか?

なぜなら、どんなにあなたが自由に生きているように思えても、お金があって、良い友人がたくさんいたとしても、あなたは人間であって、絶対に「神」ではないからです。自分がいつ死ぬかは分かりませんし、自力で生まれてきたわけではありません。それは、ご自分が一番分かっていますよね。だから、ご自分が自分自身を救える「神」でないことは、明らかです。

また、もう一つ。あなたは、この地上のことばっかりを思っていませんか?追及していませんか?

いかに、金をもうけようとか。

いかに、異性と遊ぼうとか。

いかに、有名になってやろうとか。

いかに、楽しもうとか。

今日知ってください。キリストの神様という、唯一の神様が、今もおられるのです。そして、あなたの今後はこの地上だけではないのです。いつか、この地上の歩みを終え死んだあと、キリストの神様の取り扱いを受けることになるのです。その結果が、天国か、または、いつか地獄にか、です。

キリストの神様は、あなたを一人の人として、最高傑作として造ってくださいました。あなたは、決して猿から進化した偶然の生物なんかではないし、また、ある男性と女性の性交渉の結果の偶然の産物でもありません。キリストの神様に愛されて生まれてきて、今も愛されている存在です。そのように、聖書全体が教えています。

となれば、自分を造ってくれた、そして愛してくれている、その神様を信じるのは当然のことではないでしょうか?その、当然のこと、キリストの神様を信じるということを、「クリスチャンになる」とも言います。

キリストの神様を信じる=クリスチャンになる、その方法はシーズン1の100で紹介していますから、今すぐチェックしてみてください!

結論を言うと、キリストの神様を信じる=クリスチャンになることによって、人は死んだ後に幸せの国に行けるようになるのです。それだけです。それだけでいいのです。

あなたが、シーズン1の100を読んで、ある方法を使ってクリスチャンになったならば、その後ですぐに死んでしまったとしても、あなたは絶対に天国に行けるわけです。

このまま生きるのも自由です。このコラムの話を受け入れないのも自由です。このまま自分を「神」のようにし、自分の感じるままに生き続け、地上の楽しみ、成功だけを追求していくのも自由です。

でも、キリストの神様を信じる=クリスチャンになる、そうすれば絶対に変わります。変わるべきものが良い意味で変わります。

自分が「神」であるかのような、自己中心、自分本位の人生を続けていくか。それとも、クリスチャンになって、天国へ行ける自分になるか。今日が、選択の日です。「いつ死んでも大丈夫。私は天国に行けるんだ」と確信できる人生こそ、幸せな人生ではないでしょうか。

天国に行ける人間になりませんか。今日、今すぐに。天国に行ける、幸せな人間になりましょう。

次回の百人一読は、2月12日。イギリスの詩人・テニスンが登場します。豪華な内容となることを予告します。さらなるスキルアップのための学びの方法、心と体を健康にする習慣、あと快眠の秘訣もご紹介します!

<<前回へ     次回へ>>

【書籍紹介】
篠原元著『100人の聖書

『100人の聖書』

本書を推薦します!
「他の追随を許さない数と挿話」
――奥山実牧師(宣教師訓練センター[MTC]所長)
「牧師の説教などに引用できて便利」
――中野雄一郎牧師(マウント・オリーブ・ミニストリーズ)
「聖書に生きた偉人たちの画廊」
――峯野龍弘牧師(ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会)

ご注文は、全国の書店・キリスト教書店、Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

篠原元

篠原元(しのはら・げん)

1991年7月、東京都千代田区生まれ。プロテスタント・炎リバイバル教会伝道師。JTJ宣教神学校卒業、アンテオケ国際宣教神学校卒業、同神学院中退。現在、VIPクラブ、キリスト教各団体、ホテルなどにて講演、またテレビ番組「ライフ・ライン」などに出演するなど多方面で活動中。2017年1月に有志のメンバーにより設立された社会福祉活動団体「100人の聖書基金」の、学校・児童養護施設・病院などへの書籍寄贈活動に著者として携わっている。著書に『100人の聖書』(発行:イーグレープ)がある。

炎リバイバル教会ホームページ

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:篠原元

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング