日本基督教団第41回総会 石橋議長が再選5期目、ミナハサ福音キリスト教会と宣教協約締結

2018年10月26日23時51分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+日本基督教団第41回教団総会、石橋議長が再選5期目 ミナハサ福音キリスト教会と宣教協約締結
日本基督教団の議長に選出された石橋秀雄氏=2012年。今期で5期目となる。
- 広告 -

日本基督教団は23〜25日、第41回教団総会を東京・池袋のホテルメトロポリタンで開催した。教団の三役や常議員の改選が行われ、議長には石橋秀雄氏(越谷教会)、副議長には久世そらち氏(札幌北部教会)、書記には雲然(くもしかり)俊美氏(秋田桜教会)が選出された。石橋、雲然の両氏は現職で、今期で5期目。同教団が公式サイトで総会速報として伝えた。

総会速報によると、議長選は1日目夜に行われたが、過半数を満たす当選者がいなかったため、2日目朝に再投票が行われた。最初の投票では、副議長の佐々木美知夫氏(静岡教会)が139票と、久世氏(135票)、石橋氏(85票)を上回っていたが、再投票では久世氏の票が石橋氏に大きく流れ、石橋氏(188票)、佐々木氏(150票)、久世氏(28票)という結果になった。

副議長選は主に、久世、岸俊彦(経堂北教会)、佐々木の3氏による争いで、2回の投票が行われたが、いずれも過半数を満たす当選者がいなかったため、上位2人による決戦投票が行われた。その結果、187票を獲得した久世氏が、175票の岸氏を退け選出された。

書記は慣例に従い、議長と副議長が推薦し、指名された雲然氏が承認された。

選出後、石橋氏は「一致して伝道推進に取り組み、機構改正をすることを全教団として取り組んでいく。この危機的な状況を全教団的に進めていきたい」とコメント。久世氏は「思いもよらないことで、大きな責任を担うことになった。この総会のみならず、これからの2年間の日本基督教団のために何をすることができるのか皆さんと共に考えていきたい」と語った。

総会の主題は「伝道する教団の建設―伝道の命と力の回復」。初めて、海外からの説教者として、大韓イエス教長老会(統合・PCK)の李秀英(イ・スヨン)牧師を招いて開会礼拝をささげたほか、インドネシアの「ミナハサ福音キリスト教会」(GMIM)との宣教協約を可決し、締結式を行うなどした。

フリー聖餐を行ったとして、2010年に牧師職の免職戒規処分を受けた北村慈郎氏については、処分の無効と撤回を求める議案もあったが、教憲教規に抵触する議案であるため総会では取り扱えないと、議長と書記から説明があったという。

総会には、海外からは韓国や台湾、米国、英国、インドネシア、ドイツなどの教団や、世界教会協議会(WCC)やアジアキリスト教協議会(CCA)などの団体から来賓が参加したほか、国内からも日本キリスト教協議会(NCC)や在日大韓基督教会などから来賓が参加した。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング