心に太陽を持て 佐々木満男

2018年10月12日18時25分 コラムニスト : 佐々木満男 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐々木満男

「心に太陽を持て」

心に太陽を持て。
あらしが ふこうと、
ふぶきが こようと、
いつも、心に太陽を持て。

くちびるに歌を持て、
自分のくらしに、
苦労が絶えなかろうと、
いつも、くちびるに歌を持て。

苦しんでいる人、
なやんでいる人には、
こう、はげましてやろう。

「勇気を失うな。
くちびるに歌を持て。
心に太陽を持て。」

<ツェーザル・フライシュレン作(山本有三訳)、『心に太陽を持て』新潮文庫から抜粋>

「君、なんでそんなに明るく楽しそうなんだ?」。学生の頃、バイト先の同僚で、いつも歌をうたいながら仕事をしている男がいた。私はその頃、すべてが思い通りに行かず、将来に失望して落ち込んでいた。

「だって、この職場の機械の音がうるさいし、とても蒸し暑くて、歌でもうたわなければ気がめいってしまうからさ」。そう言って彼は、ドイツ語でベートーヴェンの交響曲第9番の「歓喜の歌」を繰り返しうたっていた。それを聞きながら私も気持ち良く仕事ができた。その後も落ち込んだときは、彼を思い出し、「歓喜の歌」を口ずさんで自分を励ました。

数年後のある日曜の朝、渋谷の街角でばったり彼と出会った。「なつかしいねぇ。今どうしてるの?」と聞くと、「いやあ、彼女には振られるし、会社は首になるし、ろくなことないよ。俺、もうだめだよ」とかなりしょげていた。

「だって、あの頃はバイト先で歌をうたってとても元気だったじゃないか。もうあの歌はうたわないの?」。「今、俺の心は真っ暗だ。とても歌なんかうたう気になれないよ」。「そうか、これから行く所があるんだけど、用事が済んだら一緒に昼飯でもしないか?」

彼は素直についてきた。行った先は私の教会だった。「なんだ、キリストの教会じゃないか、俺にはちょっと場違いだから帰るよ」としり込みしている彼を、「まあ、いいじゃないか」と半ば強引に連れ込んだ。

そこは大勢の外国人が礼拝している教会だった。私はクワイア(聖歌隊)のメンバーだったので、彼にガウンを着せて講壇の上のクワイアの私の隣に座らせた。生まれて初めて教会の門をくぐり、英語の讃美歌を持たされた彼は、大勢の外人教会員と向き合って目を白黒させていた。

礼拝が始まり、クワイアが立ち上がって、その日の讃美歌を歌い始めた。なんと、それはベートーヴェンの「歓喜の歌」であった。彼は思わず声を張り上げてうたっていた。礼拝が終わるとクワイアの全員が彼に握手を求めてきた。

「いやあ、あの時は講壇の上で一体どうなることかと、緊張のあまり冷や汗が出たよ。でも、勇気を出して久しぶりに大声でうたったら、心の中のもやもやが吹っ飛んでしまった。何か、明るい希望が出てきたよ」。一緒に昼食をした後、彼は私に感謝して帰っていった。

ツェーザル・フライシュレンはドイツの詩人である。第二次世界大戦に向かいつつあった暗い時代に、彼の作ったこの詩は、ドイツの多くの家庭の壁に聖書の句などと共にかけられていた。同じ時期に、日本の青少年のために山本有三が編集した「日本少国民文庫」の第12巻にこの詩の訳が掲載され、大ヒットした。

私は、暗い気分に落ち込んだときは、街を歩きながら口笛で賛美することにしている。そうすると心が明るくなってくる。今の時代でも、一番必要なのは「心に太陽を持つ」ことではないだろうか。

「わたしは、世の光です。わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです」(ヨハネ8:12)

佐々木満男

佐々木満男(ささき・みつお)

弁護士。東京大学法学部卒、モナシュ大学法科大学院卒、法学修士(LL. M)。インターナショナルVIPクラブ東京大学顧問。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐々木満男

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング