雪よりも白く(9)信じる喜び 榮義之

2018年10月11日10時29分 コラムニスト : 榮義之 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:榮義之

歌を歌わないで生きてきましたが、教会ではいつも賛美歌を歌います。最初の頃は黙って口だけ動かし、歌詞だけを口ずさんでいました。有名な賛美歌「いつくしみ深き 友なるイエスは・・・」を聞いたとき、イエス様が共にいる恵みを知りました。海岸を歩きながら、音程は外れていましたが、心から歌いました。それは今でも変わりません。下手でも音程がおかしくても、神に向かって賛美するとき、天使たちの歌声となって、天国で奏でられるのです。朝ごとに賛美の声を上げることができるのです。

わがたましいよ。主をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。主は、あなたのすべての咎(とが)を赦(ゆる)し、あなたのすべての病をいやし、あなたのいのちを穴から贖(あがな)い、あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、あなたの一生を良いもので満たされる。あなたの若さは、鷲(わし)のように、新しくなる。(詩篇103:1〜5)

イエス・キリストを信じるとき、すべての罪が赦されます。「雪のように白く」との願いが実現し、キリストの血によって雪よりも白く洗われました。

そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。(1ペテロ2:24)

神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の義となるためです。(2コリント5:21)

ケニアに毎年出掛けます。最初の年でした。山の中でパジェロが止まりました。現地の牧師が降り、降りろと言うので、急いで下車しました。何もない道路でしたが、ちょうど赤道を越えたということでした。何も感じないし感動もなかったのですが、赤道を越えたというのは事実だったのです。

信じても何も感じないという人もいます。しかし、イエス・キリストを信じれば救われたという事実に変わりはありません。聖書の言葉がその保証です。

なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。聖書はこう言っています。「彼に信頼する者は、失望させられることがない。」(ローマ10:9〜11)

神の前に義とされ、神の子とされ、永遠のいのちを与えられ、天国に行く保証が与えられたのです。信じる者への約束は、「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」(使徒16:31)です。家族そろって救いの喜びを体験できるのです。

十字架は罪の身代わりだけでなく、病や患いも取り去る祝福です。

彼が私たちのわずらいを身に引き受け、私たちの病を背負った。(マタイ8:17)

キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。(1ペテロ2:24)

心の悩みだけでなく、体の病も十字架によって癒やされます。聖書には癒やしの約束が多く書かれています。世界保健機関(WHO)は、人間の健康を「身体的健康」「精神的健康」「社会的健康」の3つに分けて定義しています。人間が基本的に求めているのは、この3つが満たされることです。しかし、この3つが満たされたから幸せになれるものではありません。WHOもそれに気付き、「霊的健康」という概念についても検討したことがあります。こうした健康の定義を完全に満たすことは、人間には不可能ですが、イエス・キリストを信じるときに可能になります。

愛する者よ。あなたが、たましいに幸いを得ているようにすべての点でも幸いを得、また健康であるように祈ります。(3ヨハネ2)

平和の神ご自身が、あなたがたを全く聖なるものとしてくださいますように。主イエス・キリストの来臨のとき、責められるところのないように、あなたがたの霊、たましい、からだが完全に守られますように。あなたがたを召された方は真実ですから、きっとそのことをしてくださいます。(1テサロニケ5:23〜24)

イエス・キリストの癒やしを受けて健やかに生きてください。(続く)

<<前回へ     次回へ>>

※ 本コラムは、小冊子「雪よりも白く」から転載・編集したものです。クリスチャントゥデイをご覧になり小冊子をご希望される方には、1人1冊を無料でプレゼントします。申し込みは、榮義之(メール:elimyoshi@kcn.jp)まで。

榮義之

榮義之(さかえ・よしゆき)

1941年、鹿児島県種子島生まれ。生駒聖書学院学院長、同名誉神学博士。日本ペンテコステ教団代表、エリムキリスト教会主任牧師、エリム宣教会代表、朝日放送ABCラジオ牧師などを歴任。著書に『輝き・可能性への変身』『天の虫けら』『30秒の祈りが世界を変える!』など。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:榮義之

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング