雪よりも白く(4)あなたは罪人ですよ 榮義之

2018年7月25日17時33分 コラムニスト : 榮義之 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:榮義之

教会に行けばいつも歓迎してもらえました。高校生の男子が1人だったこともあって、大事にされました。しばらく通っていたある礼拝の後で、宣教師が1枚の紙に漢字を書いて、この字が読めますかと尋ねました。どう見ても漢字には見えなかったのですが、よく見ると罪という字をイラスト風に書いているようでした。

「罪ですか」と答えると、「ハーイ。よく読めました。あなたにそっくりでしょう。あなたは罪人ですよ。分かりますか」と言われたのです。多分、片言の日本語でいろいろ話してくれたと思うのですが、頭の中が真っ白になって腹が立ってきました。教会に来ているのに、何が罪人なものか、失礼な人だ、もう教会には来ないぞ、と決心して帰宅しました。

小学校5年生の時から、白い心になりたいという願いがありました。種子島の向こうには屋久島があります。種子島は平たんな島で、高い所で220メートルくらいです。一方、屋久島は九州一高い宮之浦岳があり、山頂には初夏まで雪が残っています。その雪を眺めるたびに、あのようなきれいな心になりたいと願い、できるだけ悪口も言わず、悪いこともしないように、自分の名前に恥じないように生きてきたつもりでした。

榮義之の意味を、この義(自分の正しさ)で栄えると誇りにしていました。だからキリスト教会にも行き始めたのです。神が愛してくれるのは、自分が正しいから、正直に生きてきたから、真面目だから。だから自分は「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」と言われたのだと思っていました。やっと願いがかなったと思っていたのに、教会で罪人だと言われ、もう二度と行かないと心に決めたのです。

人間には罪がある、心が汚れているというのはよく分かりました。しかし自分は違うと、人と比較して、自分を義としようとしていたことに気付きました。そうするともっと惨めな気持ちになりました。

キリスト教会に行っているから、真面目で正しいんだと思っていたのに、「あなたは罪人ですよ」と言われた。宣教師はきっと私が心の中で考えていることが分かったんだろう。思春期だし、Hな小説も読むし、変なことも考える。きっと全部見られているんだ。だから罪人と言われ、もうあなたのような罪人は教会に来なくていいんですよ、と宣告されたと思ってしまいました。

それでも教会の礼拝への誘いはあるし、行ったり行かなかったりが続きました。(続く)

<<前回へ     次回へ>>

※ 本コラムは、小冊子「雪よりも白く」から転載・編集したものです。クリスチャントゥデイをご覧になり小冊子をご希望される方には、1人1冊を無料でプレゼントします。申し込みは、榮義之(メール:elimyoshi@kcn.jp)まで。

榮義之

榮義之(さかえ・よしゆき)

1941年、鹿児島県種子島生まれ。生駒聖書学院学院長、同名誉神学博士。日本ペンテコステ教団代表、エリムキリスト教会主任牧師、エリム宣教会代表、朝日放送ABCラジオ牧師などを歴任。著書に『輝き・可能性への変身』『天の虫けら』『30秒の祈りが世界を変える!』など。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:榮義之

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング