雪よりも白く(8)イエス様を心に迎える 榮義之

2018年9月26日19時19分 コラムニスト : 榮義之 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

話が終わると、牧師は賛美歌を選び、「この歌を賛美している間に、信じる人は手を上げてください」と招きました。心に戦いがありました。きれいな心になりたい、屋久島の雪よりもと思いつつ、自分の人生は自分で生きなければ意味がないという葛藤がありました。

賛美歌が終わりまで歌われ、手を上げるチャンスを失してしまいました。「もう一度1番だけ歌いますので、手を上げてください」との優しい牧師の声が響きました。

十字架の血に 清めぬれば
来よとの御声を 我(われ)は聞けり
主よ我は 今ぞ行く
十字架の血にて 清め給え (讃美歌515番)

思い切って手を上げました。「イエス様、私の心にお迎えします。お入りください。信じます。アーメン」。その日から、イエス・キリストはいつも私と共におられます。

主ご自身がこう言われるのです。「わたしは決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない。」 そこで、私たちは確信に満ちてこう言います。「主は私の助け手です。私は恐れません。人間が、私に対して何ができましょう。」(ヘブル13:5〜6)

その日からすでに60年、クリスチャンとして歩んでいます。しかも「信じます」と言ったその日の午後に、教会の近くの海岸でバプテスマを受けたのです。

「あなたは天地の造り主、生ける真の神のみを信じますか」
「アーメン」
「あなたは、神の御子イエス・キリストの十字架の贖(あがな)いによって救われていることを確信しますか」
「アーメン」
「あなたは、自分の最善を尽くして、教会の礼拝を守り、教会員としての務めを果たし、証しの生活をすることを願いますか」
「アーメン」

「アーメン」との答えと共に、種子島の海に今までのすべての生涯が葬り去られました。

「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました」(2コリント5:17)の聖書の約束の通りでした。

バプテスマの誓約で、「教会員の務めを果たし、証しの生活をすることを願いますか」と聞かれて、「アーメン」と答えました。しかし、バプテスマを受けたことは誰にも知られないように黙っていようと考え、水から上がってきました。

翌日、学校へ行くと男子生徒にぐるっと取り巻かれました。一番大きい生徒がにやにやしながら、目の前にひざまずき、「アーメン、アーメン」と、冷やかし言葉を言い、みんなで声をそろえてばかにしました。

バプテスマの現場を見られてしまったのです。しかし、真っ赤になりながら、「そうだ。アーメンになったんだ。みんなも一緒に教会に行こう」と、蚊の鳴くような声で答えました。田舎の学校ですから、うわさは広まり、みんなにクリスチャンであることが知られてしまいました。

ですから、わたしを人の前で認める者はみな、わたしも、天におられるわたしの父の前でその人を認めます。しかし、人の前でわたしを知らないと言うような者なら、わたしも天におられるわたしの父の前で、そんな者は知らないと言います。(マタイ10:32〜33)

神様のなさることは皆、その時にかなって美しいことを体験しました。その貧しい証しによって、何人かの友達が教会に行くようになったのです。(続く)

<<前回へ     次回へ>>

※ 本コラムは、小冊子「雪よりも白く」から転載・編集したものです。クリスチャントゥデイをご覧になり小冊子をご希望される方には、1人1冊を無料でプレゼントします。申し込みは、榮義之(メール:elimyoshi@kcn.jp)まで。

榮義之

榮義之(さかえ・よしゆき)

1941年、鹿児島県種子島生まれ。生駒聖書学院学院長、同名誉神学博士。日本ペンテコステ教団代表、エリムキリスト教会主任牧師、エリム宣教会代表、朝日放送ABCラジオ牧師などを歴任。著書に『輝き・可能性への変身』『天の虫けら』『30秒の祈りが世界を変える!』など。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング