闇から光へ~的外れからの解放~(69)ギリギリの生活 佐伯玲子

2018年10月8日17時24分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

離婚から8カ月後の2010年3月。息子と家を出て、近くにある2棟建ての小さなアパートに住み始めました。ここから始まった母子家庭生活は、ますます波乱の連続でした。

高額なX教の神鏡と、こつぜんと消えた息子の観音ペンダントの再購入でXへの借金が膨らみ、仕事の収入だけでは追いつかず、母から助けてもらうこともしばしばありました。元夫Aから毎月振り込まれる養育費の中から貯蓄していたお金も、切り崩さなければならないときもありました。当然、仕事を増やしたものの、重い子宮筋腫と、それに伴う重度の貧血症を抱えながらの家事代行業は、体力的に限界があり、ギリギリの生活が続きました。

新居のアパートでは、別棟に住んでいた住人男性(40代)から、「自転車の駐輪の仕方が悪い。倒れたら(自分の)車が傷付く」と、頻繁にクレームを付けられました。他の方々と同じように置いていたのですが、「車が傷付く・・・やめて・・・どけて・・・」と、呪文のように唱えながら迫り、何度も細かく位置を変えさせられました。

ある時は、私の背後から音もなく忍び寄り、私の肩越しから顔をにゅ~っと突き出し、「ねえ・・・やめて・・・そ・の・止・め・方・・・」と、不気味に笑いながら言われ、心臓が止まりそうになりました。またある時は、自転車を止めていた私の体スレスレに、猛スピードの車で横切り急停車!危うくひかれそうになり、恐怖で立ちすくむ私を、あざけるような目で見つつ、車から降りると、「ケッケッケッケッ」と、低い声で笑いながら去って行きました。

執拗な嫌がらせに耐えてきましたが、さすがにこの時は屈辱感が沸点に達し、帰宅した途端、大号泣をしました。「母子家庭だからってばかにするな!!夫がいたら絶対にされなかった!!」と、のたうち回って泣きました。

この一件から、自分がとても哀れに思えてきて、そうなると一事が万事で、仕事の清掃中、「なぜ、私が他人の便器を磨かなきゃいけないんだ」と悔しくなったり、買い物中、見切り品や半額品ばかり気にして探している自分に気付き、「以前なら、オーガニックかどうかを気にして探していたのに」と情けなくなったり、過去の生活とのあまりの落差に落ち込みました。

また、そんなギリギリの生活のため、I氏(呪術的整体師)の治療に行くのも滞りがちとなり、ついに「言われた通りの回数を来れないのなら、もう治療しない」と断られてしまいました。「金持ちか著名人しか治療しない」と言っていた人だったので、断った本当の理由は違ったのかもしれません。しかし今思えば、「イエス様が“呪術”から助け出してくださったのだ」と感謝しています。

そして、私の中に巣を作った“落ち込みの霊”は、さらに活発化し、それを払拭したい!と、ますますXを求めるようになっていきました。しかし、どこか「満たされない心」が・・・「Xを信じる」と言いながら、他にも“超自然的な存在と力”を次々と求め始めたのです。

ある日、心の飢え渇きから、ネットサーフィンをしていた私は、「引き寄せの法則」に出会いました。「引き寄せの法則」とは、「“宇宙意識”に働き掛け、欲しいものを引き寄せ、欲しくないものを遠ざける。成功した自分のイメージを“思考”に植え付け、成功している状態を、口に出して日々宣言し続けることで具現化させていく」という、一種の「自己啓発的成功マニュアル」のようなものでした。

一見、御言葉にある「祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになります」(マルコ11:24)、「あなたがたがわたしの名によって父に求めるものは何でも、父があなたがたにお与えになるためです」(ヨハネ15:16)に通じているように見えますが、そこに「天の父」も「イエス・キリスト」も「聖霊」も存在しません。

だから、クリスチャンとなった今では心動きませんが、相当落ち込んでいた当時の私にとってはとても魅力的な、心躍る、希望に溢れたものに思えました。「実践したい!そして幸せになるんだ!」と、ついDVDと本を購入してしまったのです。それを追求していくうち、「マーフィーの法則」にもたどり着きました。

「“潜在意識”をうまく活用すれば、成功していく!」という、ジョセフ・マーフィー博士が唱えた成功の法則。そこからまた次、その次へ・・・と、「見えない力」によって、暗闇の世界へと、さらに深く、深く、引っ張られていき、どんどん真理から離れていったのです。

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング