闇から光へ~的外れからの解放~(68)御神鏡 佐伯玲子

2018年9月24日22時28分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

毎月の排卵時の激痛、子宮筋腫の成長とともに生じる生理期の大出血と、それに伴う重度の貧血。さらに、筋腫が膀胱を圧迫し、排尿困難(尿閉)を起こして救急搬送。そこで、またもや医師の冷たい扱いに遭遇。心身共に傷付き、病院に行くことを完全にやめた私は、I師(呪術的整体師)の施術と食事療法、そして、ますますX教の教理と波動の力に頼るようになっていきました。

尿閉は「今度再発したら、管と袋を下げた生活をさせられる!」という恐れから異常に神経質になり、日中は30分おき、就寝中は1時間おきに目覚ましをかけてトイレに行きました。トイレは、気にしなければ2、3時間は大丈夫だったのが、この時は少しでも我慢するとすぐ排泄困難になるため、「24時間トイレ中心の生活」を余儀なくされました。そんな、気が休まらぬ日々の連続が心と体にダメージを与え続け、ストレスは増す一方でした。

Aとの共同生活にも限界が訪れ、本格的に家探しを始めました。そんな折、Xの新しい波動アイテム、「御神鏡」が販売されることになったのです。「鏡から放射される波動は、墓参りで充電される気の力と、X教祖Y氏の手から流れる波動力と同等のものが得られるため、特に墓をいろいろといじられて気が弱っている人たちは、ぜひとも家に置き、毎日その前に座っていることで元気を得られるから安心」と、購入を強く勧められました。

当然、「欲しい!」と思いましたが、約20万と高額で、当時の私には「到底無理」と諦めようとしたところ、Y氏から「あなたは、とても心配な状態。何かあってからでは遅い。代金は有るとき払いでいいから、とにかく持っていきなさい」と言われ、「自分はそんなに最悪な状態なのだ ! 」と怖くなり、ついに初めて借金をしてまで買ってしまったのです!

借金をしている状態が嫌で、少しずつでもまめに返済するも、その間も墓参りに行かねばならず、御神酒だの観音カード(浄め札)だのと出費が重なり、思うように返済は進みませんでした。だからといって「お清めアイテム」を節約することも不安で、また、“不信心”と熱狂的な信者たちから不興を買うのも面倒であったため、「買わない」選択はできず、完済の見通しはまったく立ちませんでした。

それから間もなくして新居が決まり、息子と共に家を出ました。息子のことを考え、今までの家から徒歩4分ほどの所に引っ越し、息子が父親と頻繁に会えるよう配慮しました。すると不思議なことに、転居してすぐ、尿閉の症状は消え、翌月から排卵痛も起きなくなったのです。

Aと離れ、精神的に解放されたことが大きかったと思うのですが、「御神鏡のおかげに違いない ! 」と自分の心に言い聞かせました。そう思い込むことで、心のどこかで「愚かな散財をしてしまった ! 」という思いを必死で打ち消し、自分の行為を肯定してプライドを保ちたかったのだと思います。

「イエス・キリストの血潮に勝るものは無い」。当時の私が知っていたら、こんな愚かな行為に及ぶことはなかったでしょう。しかし、この体験があったからこそ、イエス様と共に歩んでいる今を、心の底から有り難いと思える。この喜びを、同じような体験をし、傷付き苦しんでいる方たちへ証しし、伝道の力にしていきたいと願っています。

家を出て、ますます生活が大変になった途端、追い打ちをかけるように、息子の身に付けさせていたお守りの観音ペンダント(18金とプラチナの2つ)がこつぜんと消える事件が起きました。Y氏に告げると、「それは、相当マイナスの気が溜まっている場所に行ったのね。そういう場合、その土地が気を欲しがり、ペンダントを吸い込んでしまうから、それで消えてしまったのよ」と・・・。そして、「シールド(ペンダントから出る渦巻く波動の覆い)が無いのは危険 ! 」とペンダントも買わされ、借金は増加!闇の支配者は、私の経済を一層苦しめていきました。

息子と2人の新しい生活の始まりは、私への「盗み、殺し、滅ぼす」闇からの計画が、さらに加速していく始まりでもあったのです!

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング