主にある兄弟姉妹の再会の場 日光オリーブの里で「合同聖会」

2018年10月3日17時18分 執筆者 : 坂本道子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+主にある兄弟姉妹の再会の場 日光オリーブの里で「合同聖会」
「ねむりと死」をテーマにした聖会1=9月29日
- 広告 -

2011年から「日光オリーブの里」(栃木県日光市)などで行われてきた宇都宮キリスト集会と他教会との合同聖会は、15年からは、ちいろば聖書集会(東京都青梅市)との合同聖会として行われています。第8回となった今年も、例年通り両教会の牧師である宮村武夫氏を講師に迎え、9月29、30の両日にわたって開催されました。

1年に1回、1泊2日の日程で行われる合同聖会は、宮村牧師夫妻を囲み、にぎやかで笑い声の絶えない、主にある兄弟姉妹の再会の場です。さまざまな制約がある中、1年ぶりに元気に再会できる喜びがあるとともに、同じ場所で思いを一つにして賛美し、御言葉に耳を傾けるという特別な恵みの時でもあります。

今年は「聖書と私たちの現実」を主題として、「詩篇(3篇、121篇)と私たちの生活・生涯に見る、(1)ねむりと死、(2)目覚めとからだのよみがえり」の宣教でした。

「私は身を横たえて、眠る。私はまた目をさます。主がささえてくださるから」(詩篇3:5)

「見よ。イスラエルを守る方は、まどろむこともなく、眠ることもない」(詩篇121:4)

日々眠り目覚める私たちのからだ。私たちが寝ている間も、主は執り成してくださっています。私たちに与えられた恵み――眠りと目覚め――の現実に「からだのよみがえり」が重なって認識させられました。宮村牧師の語る「眠りの神学」に深く目覚めさせられた壮大で身近ないのちの宣教でした。

主にある兄弟姉妹の再会の場 日光オリーブの里で「合同聖会」
食堂での夕食

日光オリーブの里は温泉付きのキリスト教宿舎で、礼拝堂、研修室なども備えており、緑豊かな山間に囲まれた場所にあります。これからの季節は、紅葉がとてもきれいに彩ることでしょう。

今回の参加者は26人。日光をはじめ、宇都宮、青梅、喜多方、逗子、神奈川などから兄弟姉妹が集まり、たくさんの恵みを抱えて、台風24号の上陸前に無事帰途に向かうことができました。

主にある兄弟姉妹の再会の場 日光オリーブの里で「合同聖会」
合同聖会の参加者たち

(文・坂本道子=宇都宮キリスト集会所属)

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング