日本人に寄り添う福音宣教の扉(40)「天国」を指し示す牧師 広田信也

2018年2月24日16時34分 コラムニスト : 広田信也 印刷

日本では、キリスト教の信者でなくても「天国」という言葉をよく使う。一般的に葬儀は告別式といわれるようになったが、故人が天国に旅立つ「お別れの式」だと考えている人が多い。

そもそも、釈迦が説いた本来の仏教には、信仰の対象や死んだ後の世界に関わるものは含まれていなかったが、紀元1世紀以降に大きな変化があり、さまざまな仏(如来)が生み出され、信仰の対象や死後の世界が加えられてきた。

仏(如来)には、「永遠の真理から来た尊い方」という意味があり、イエス・キリスト自身を指しているようにも思う。信仰の対象として仏教に加えられた時代は、キリストの十字架と復活以降、キリスト教が東方の世界に初めて伝えられた時代と重なり、関係がないとは到底思えない。

また、聖書の「天国」を模倣したかのような「極楽」の表現も、この時代から仏教に現れてきた。聖書の中で「天国」は、実体を伴って生き生きと表現されているが、それに比べると、「極楽」は、観念的で掴みどころがないように思う。

現代の日本では、仏教に触れる習慣が少なくなり、むしろ聖書にある本来の「天国」の方が親しく用いられるようになったのだろう。

それでは、この「天国」や「極楽」に入るための条件は何だろう、ということになると、さまざまな宗教、宗派が生まれる要因になっている。

キリスト教の異端と呼ばれる宗派では、天国に入るために、本来聖書にはないさまざまな条件を付け加えて教義としていることが多く、聖書のみを信仰の土台に置いているかどうかで判別がつく。

しかし、仏教に関してはどうだろうか。日本にあるすべての仏教は、本来釈迦の説いたものとは異なり、それぞれの宗派が、後の時代に教義を作り出してきているように見える。そもそも「極楽」自体が釈迦の時代になかったのだから、極楽に入る条件が違ったところで問題が生じないのかもしれない。

もちろんすべてが、人の宗教心が生み出した産物なので、それぞれに意味があり、価値があると思うが、信仰が最も必要になる人の終末(死)に際し、実体のない仏教の教義がどれほどの力になるのか疑問である。実際、僧侶が生前に寄り添って「極楽」を指し示すのは難しいだろう。

私たちは、全国から寄せられる葬儀の事前相談に際し、生前から訪問させていただけるよう依頼者にお願いをする。連携者の少ない地域からの依頼であっても、迷うことなくそのようにする。

キリスト教の牧師は、死んだ後ではなく、生きているときに助けてくれると多くの日本人が受け止めているので、訪問が可能になる。

面識のない牧師に訪問を依頼するのは、勇気の要ることだが、多くの場合、大変良い結果を生む。訪問を重ねるごとに、召される方が「天国」の希望を持つようになり、やがて、家族や友人から慰めと励ましを受けたといううれしい知らせが届けられる。

もちろん、牧師によって訪問のスタイルや状況は異なるが、聖書信仰を持つ牧師であれば、創造主である神様を信頼してお任せできるのはありがたい。

なぜなら、聖書信仰を土台とする地域教会の牧師であれば、弱さを抱え、終末(死)を目前にした人々に、内住のキリストに従って「天国」を指し示すことができるはずだからである。牧師はそのために召されているといっても過言ではない。

聖書が示す通り、イエス・キリストが終末(死)を迎える人々の弱さを負い、生前のすべての咎を背負って十字架にかかり、墓に葬られ、これらの暗闇に打ち勝って3日目によみがえったのは、作り話ではなく歴史の事実である。

そして、そのことを受け入れ、聖霊によって導かれ、献身の道を歩んでこられた牧師先生ならではのドラマが、毎日のように各地で展開されるのである。

日本では毎日4千人近い方々が亡くなっている。天国を指し示す牧師が、終末(死)を迎えるこれらの人々に寄り添う時代が、既に来ようとしている。

<<前回へ     次回へ>>

広田信也

広田信也(ひろた・しんや)

1956年兵庫県生まれ。80年名古屋大学工学部応用物理学科卒業、トヨタ自動車(株)入社。2011年の定年退職まで、一貫して新エンジンの先行技術開発に従事。1985年キリスト教信仰に入信し、現在まで教会学校教師を務める。88~98年、無認可保育所園長。2011年関西聖書学院入学。14年同卒業。日本社会に寄り添う働きを創出するため、ブレス・ユア・ホーム(株)設立。16年国内宣教師として按手を受ける。現在、ブレス・ユア・ホーム(株)代表、富士クリスチャンセンター鷹岡チャペル教会員、六甲アイランド福音ルーテル教会こどもチャペル教師、須磨自由キリスト教会協力牧師。関連聖書学校:関西聖書学院、ハーベスト聖書塾、JTJ宣教神学校、神戸ルーテル神学校

ブレス・ユア・ホーム

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース