日系カナダ人伝道に生涯をささげた女性 マーガレット・リッジウェイ(3)進み続ける―オカナガン

2017年10月27日23時10分 翻訳者 : 山本正浩 印刷

「私は、ブリティッシュコロンビア州にある他の収容施設も訪れた上で、主が私の滞在地として望んでいるのは(オカナガン地方にある)バーノンだと最終的に判断しました」

マーガレットとバーノンの日本人コミュニティーの橋渡しをしたのは、クボニワ・ケン兄でした。日系人の一部はもともとそこで果樹園農家をしていましたが、多くの人は西海岸からの被収容者として果樹園で働いていました。

日曜学校が始まり、夏期休暇聖書学校もオカナガン地方の3カ所で行われました。もう1つの聖書学校はスローカン地方のクーテネイ地区で行われ、100人余りの少年少女が集まりました。秋になると、バーノンで若者たちの集会が始まりました。

「この期間における私の移動手段は自転車でした。ある晩、私は自転車で南バーノンの若者の集会に出掛けました。私が到着したときは、誰もいませんでした。ガスランプを点火できずに苦労しましたが、その後、大きなドラム缶の中でたき火をしました。私は待ちましたが、誰も来ませんでした。落胆して家路につくと、暗がりの中で道路のくぼみにタイヤがはまり、ハンドル越しに投げ出されてしまいました。身を起こして、壊れた自転車を押しながら帰宅し、働きをやめてバンクーバーに帰ろううかと初めて真剣に考えました」

「その夜、ひざまずいて祈っていると、主が語られました。『たゆまず善を行いましょう。飽きずに励んでいれば、時が来て、実を刈り取ることになります』(ガラテヤ6:9)。翌日、友人から手紙が届き、同じ箇所が書かれていました。そして次の日曜日、驚いたことに、私が初めて出席した教会の牧師が、同じ箇所を使って私のために祈ったのです! 疑いが消え去った私は、主が語ってくださったことを感謝し、前に向かって走り続けることにしたのです」

マーガレットが人々を奉仕に立てる才覚を現したのは、ここオカナガン地方でした。それは日系2世であろうと白人であろうと、短期の奉仕であろうと長期の奉仕であろうと同じでした。自分の働きに支援と助けが必要であることを自覚していたマーガレットは、たくさんの友人をつくり、彼らが働きの中で自分の時間と賜物(たまもの)を使うことを喜びました。彼女にとって、働きはそれほど大切だったのです。

メリー・シャーポース姉:私たちは数人の若者を、アームストロングで行われる青年集会に車で連れて行ったのですが、そこでマーガレットさんに出会いました。その時まで私たちは、自分たちの地域にいる日本人に会ったことはありませんでした。そこで日本人に会ったことが、その後、長年にわたって日本人伝道に携わる機会になりました。マーガレットさんは、オカナガン地方を行き来するとき、何度も私たちの家に泊まりました。それは私たちにとって祝福の時でした。

アイリーン・ローエン姉:オカナガン地方の孤独で傷ついた日本人の伝道に、マーガレットさんと一緒に出掛けた楽しい思い出があります。私が驚いたのは、彼女に友人がたくさんいることと、その友人たちが、彼女に揺るぎない信頼を置いていることでした。マーガレットさんは、一人一人に常に耳を傾け、共感する心を常に持ち合わせていました。それを体験し、そこから学べたことを主に感謝しています。

1945年の秋には、青年集会がオカナガン地方の4カ所で定期的に催されていました。また、第1回日系2世聖書カンファレンスも豊かな祝福のもとに催されました。

イマヨシ・カツミ姉:私がマーガレットさんに出会ったのは、彼女がオカナガン地方の日本人に伝道しに来られたときでした。果樹園の小屋の中で、キャンプのような集会が行われていたのを覚えています。マーガレットさんや他の人たちが聖書研究を導き、皆で証しやゲームをして時間を過ごしました。その時できた友達の何人かは、今でも付き合いがあります。

最後に、ビー夫妻が(その後にキャシー・モーリス嬢もですが)、バーノンとケロウナの日系1世のために働きを始められました。3人とも元は日本の宣教師だった方々です。マーガレットと働きを共にし、後に指導者になった方々は大勢いましたが、その中で最も傑出していたのは、ケロウナのシャーピーズ夫妻でした。お二人は多くの日本人のために、長年にわたり心と自宅を開放しました。その働きはいつまでも忘れられることはないでしょう。

ブダイ(ウチダ)・マチコ姉:私は、長年にわたってマーガレットさんと知り合いでいられたことを主に感謝しています。私の家族は、私よりも前から彼女を知っていました。私がマーガレットさんに出会ったのはケロウナで(当時、私はサマーランドに住んでいました)、キャンプのフォローアップの交わりの時でした。私は「この人がマーガレット・リッジウェイさんなのね! いろいろと話に聞いていた方にやっとお会いできたわ」と思ったことを覚えています。

イケノウエ・イワオ兄:マーガレットさんを導き、オカナガン地方の日系2世に伝道させてくださった主に感謝が尽きません。私は、自分ではクリスチャンだと思っていたのですが、実際は神と和解できていませんでした。1945年5月のある晩、マーガレットさんが、ベテル・バプテスト教会の特別集会に私たちを連れて行ってくれました。イソベル・クーン牧師のチャレンジで、宣教の奉仕に献身するよう強く促された私は、新生する必要があることも知らずに応答してしまいました。私はつまずきを感じて、急いでその場を去ろうとしたのですが、マーガレットさんが話し掛けて来られて私を牧師に紹介したのです。「あなたはイエス・キリストを救い主として心に受け入れたことがありますか?」と、先生に尋ねられましたが、私は「はい」と答えることができませんでした。しばらく躊躇(ちゅうちょ)していたのですが、ついに私は、罪人の祈りを祈りました。そしてその晩、私は心に平安を持って教会を去ることができました。

1946年の春、マーガレットは手術を受けなければなりませんでした。彼女はオカナガン地方の働きを他の人たちに委ね、手術と療養のために故郷のバンクーバーに帰りました。

<<前回へ     次回へ>>

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース