昭和初期の宣教師のエッセイ集『東京がたり』全訳、明治学院歴史資料館が刊行

2017年3月30日13時01分 記者 : 坂本直子 印刷
関連タグ:明治学院
+明治学院歴史資料館、昭和初期の宣教師のエッセイ集『東京がたり』全訳を刊行 
当時作成された小冊子は、竹の皮が用いられ、緑色のインクで竹のイラストと笹の葉風にアレンジされたタイトル文字で「Telling Tales on Tokyo」と描かれ、同じ緑色の糸で和とじされている。

明治学院歴史資料館(東京都港区)は、戦前、米国長老教会海外伝道局が無料配布用に作成した英文小冊子の全訳『Telling Tales on Tokyo「東京がたり」』を刊行した。1930年代半ば、すなわち戦前に出されたもので、当時、東京で活動していた宣教師のエッセイが収録されている。

同館資料集は2004年、『井深梶之助生誕150年記念号』から刊行が開始され、その後、『ヘボン資料集』(第3集)、『アメルマン・フルベッキ・ブラウン・ヘボン・J.H.バラ史料集』(第6集)などの貴重な史料が出されてきた。その第12集となる本書では、昭和初期、宣教師の目から見た日本のクリスチャンの姿を知ることができ、また明治学院の教育の質の高さも読み取ることができる。

訳した同館研究調査員の齋藤元子氏によると、これは海外伝道への関心を高め、献金による経済的支援を促すため、また若い読者には海外伝道への志を持ってもらうことを目的に全米各地の長老教会で配布されたもの。

収められているエッセイは、「母の日の探求 女子学院―少女たちのミッションスクール」「希望の扉 東京のスラム街におけるセツルメント活動」「軍隊毛布の縦糸と横糸 近代日本の工場にて」「平和の預言者たち 4人の日本人クリスチャンリーダーの発言」「目新しい卒業式 聴覚障害者のための口語法学校」「明治学院の少年たちは英語で思考する ミッションスクールの少年たちの自己表現」「慰めの庭の花 完治した一人のハンセン病罹患者」「『どうぞお入りなさい、学生さん』 宣教師と『オープンドア学生センター』」の8編。それぞれ日本語訳の後には原文の画像と、巻頭にはエッセイ執筆者の写真が掲載されており、内容がより身近に感じられる。

中でも「明治学院の少年たちは英語で思考する」は、当時の生徒たちの書いた文章を取り上げたもので、男尊女卑が当然であった時代でありながら、夫婦や親子間のリベラルな関係、男女平等が主張されている。齋藤氏はこのことについて、当時の明治学院の生徒が宣教師から「英語という外国語のみならず、社会を洞察する力や自らの意見を明確に論述する力を教授されていたことがエッセイから十分に読み取れる」と述べている。

明治学院歴史資料館資料集第12集『Telling Tales on Tokyo「東京がたり」』は、同館で販売している。定価は600円(税込み)。バックナンバーも購入可能で、詳しくは同館(電話:03・5421・5170、FAX:03・5421・5409、メール:shiryokan@mguad.meijigakuin.ac.jp)まで。

関連タグ:明治学院

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

『聖なる漁夫』 ペテロの生涯とアラビア王女のロマンスが交錯する物語

『聖書協会共同訳』、造本装幀コンクールで入賞 ドイツの国際コンクールに出品へ

神学書を読む(47)「知的ゲーム」としての宗教論、キリスト教に未来はあるか? 『西洋人の「無神論」日本人の「無宗教」』

【書評】『パウロの弁護人』 世界的な新約学者が描く初代教会をめぐる思想小説 臼田宣弘

励ましの一言がプレッシャーに? 現代日本人を読み解く『「承認欲求」の呪縛』という視点

「キリスト教書店大賞2019」 ノミネート10作品発表

神学書を読む(46)『神とは何か 哲学としてのキリスト教』

神学書を読む(45)神学的世界観の脱構築と再構築のために 『ファンタジーランド 狂気と幻想のアメリカ500年史』(上下巻)

神学書を読む(44)大貫隆著『終末論の系譜―初期ユダヤ教からグノーシスまで』

あの名作映画の原作を読む ルー・ウォーレス著『ベン・ハー』

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング