聖書をメガネに 故・高本康生いのちのことば社出版部長の忘れがたい思い出 宮村武夫

2017年3月25日19時24分 執筆者 : 宮村武夫 印刷

今回、『新実用聖書注解』リニューアル版出版を伝え聞き、『実用聖書注解』出版の過程で経験した故・高本康生いのちのことば社出版部長の思い出が鮮明になり、今の生き方に勇気と励ましを与えてくれています。

当時、沖縄の地で、地域教会の牧会と、地域に建てられた神学教育機関における神学教育に従事していました。確かに、従事していたのです。しかし、それはかなり激しいそううつ状態の中で進める、いわばぎりぎりの日々でした。そのような中で、『実用聖書注解』の3人の編集者の1人として招きを受けたのです。当然、お断りしました。

ところが、高本さんが沖縄まで出向き、個人的に私の生活状態を見、その上で他の2人の編集予定者からの共労への招きの言葉を伝え、ご自身の繊細で包容力のある勧めの言葉を重ねてくださったのです。そこには、『新聖書注解』のテサロニケの注解を担当した最初の時以来の、私の小さな働きに対する信頼がにじみ出ていたのです。その信頼に支えられながら、あのような状態の中で責任を果たし得たと理解しています。人を信頼する者の真実を、私は学んだのです。今、その学びを生かす責任があります。

もう1つ、忘れられない事実があります。それは、書名の「実用」です。編集の段階で販売担当の方々からの希望として、「実用」という名称が提案されたときのことです。私は、その言葉が何か、俗な表現でいえば、安っぽいように思え、反対したのです。その当時のやりとり全部を記憶してはいません。しかし、高本さんの態度が一貫しており、何か深いものがあると実感したのを覚えています。

その時の実感は、後年、私の著作集に対して、敬愛する松谷好明先生が書いてくださった励ましの言葉により、その内実を測り知るのです。松谷先生は、身に余る以下の言葉を書いてくださいました。

「イギリスに始まるピューリタニズムは、その実践的神学(practical divinity)で知られます。同じく主の教会に仕えることを目指していますが、学問的神学とは異なり実践的神学は、聖書の光に照らして敬虔なキリスト者の生を形成することを直接の目的とします。宮村先生の神学はそのような実践的神学の現代版として、私たちを信仰的に養い導くものです」

今、私にとって高本さんの存在と松谷先生の言葉が混然一体となって、クリスチャントゥデイの一員としていかに生きるか、何をどのように書くべきか、指し示していると理解しているのです。感謝。

<<前回へ     次回へ>>

宮村武夫

宮村武夫(みやむら・たけお)

1939年東京深川生まれ。日本クリスチャン・カレッジ、ゴードン神学院、ハーバード大学(新約聖書学)、上智大学神学部(組織神学)修了。宇都宮キリスト集会牧師、沖縄名護チャペル協力宣教師。クリスチャントゥデイ編集長兼論説主幹。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース