聖書をメガネに 裁判の経過・判決を伝える裁判記事執筆について・その2 日本聖公会京都事件の実例 宮村武夫

2016年9月10日08時36分 執筆者 : 宮村武夫 印刷
関連タグ:宮村武夫

本紙が取り上げた裁判記事の中で、最も最近の例でありその回数も多いのは日本聖公会京都事件の実例です。この場合、どのように対処してきたか報告いたします。

第1は、日本聖公会に対する心からの敬意が基盤であり、全ての取材と執筆の根拠にある事実です。

心からの敬意に満たされつつ、具体的には2本の柱に基づき営みを続けました。

第1の柱は、私たちなりに入手できる資料を確認し、それを提示することです。この道こそ、制約を持ちつつなお事実を事実として大切にする営みと理解しています。今回の場合は、以下の資料の提示です。

■ 関連記事1:日本聖公会京都教区主教に辞職勧告 過去の牧師による性暴力事件の対応と責任めぐり
■ 関連記事2:日本聖公会京都教区主教に辞職勧告 牧師による性的虐待事件「京都事件」の現在に至るまでの経緯(1)
■ 関連記事3:日本聖公会京都教区主教に辞職勧告 牧師による性的虐待事件「京都事件」の現在に至るまでの経緯(2)

第2の柱は、インタビュー記事です。確かに文章は、どれほど強調しても強調し過ぎることのない大切な確証です。しかし、同時に文章を書き記した人間から切り離されて、文章が人格性を失わない配慮が重要と自覚します。そうです、生きた人格と人格が対話するインタビュー、そして信頼に基づくインタビュー記事は、そのものとして意味深いものです。同時に、資料の文章を生き生きと、また正確に読むために、なくてならぬ手引きと覚えます。

■ 関連記事4:日本聖公会京都教区主教に辞職勧告 高地敬主教インタビュー(1)

今回、高地敬主教が、困難な課題に直面する中で、本紙のインタビュー申し込みに答えてくださった誠実さと勇気に心からの敬意を払います。

<<前回へ     次回へ>>

宮村武夫

宮村武夫(みやむら・たけお)

1939年東京深川生まれ。日本クリスチャン・カレッジ、ゴードン神学院、ハーバード大学(新約聖書学)、上智大学神学部(組織神学)修了。宇都宮キリスト集会牧師、沖縄名護チャペル協力宣教師。クリスチャントゥデイ編集長兼論説主幹。

関連タグ:宮村武夫

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース