日本人に寄り添う福音宣教の扉(16)幼子の命 広田信也

2017年3月22日11時44分 コラムニスト : 広田信也 印刷

昨年の秋、米国に住む娘夫婦に男の子が生まれた。私たちにとって待望の初孫の誕生である。遠方のため会いに行くことは難しいが、頻繁に送られてくる写真や映像に触れるだけで、新しい時代への幕が開けたような気持ちになる。実にうれしい限りである。

幼子の存在は、特に身近な人に大きな影響を与える。かつて私が初めて父親になり、わが子の輝きを目の当たりにしたとき、その命の魅力に吸い込まれるように求道を始めたことを思い出す。わが子の存在が無ければ、私は信仰を持つことはなかっただろう。

幼子には、神様から与えられた命が満ちているようだ。自分では何もできない弱い存在であるにもかかわらず、人々の心を謙遜にさせ、感謝の心や優しさを与える。愛らしい幼子とその家族の祝福のために祈らずにはおられない。

しかし、残念なことだが、このような幼子にも突然の死が訪れるときがある。乳児の死亡例は医療の進歩によって劇的に少なくなったが、年間で2千人ほどいるそうだ。

さらに生まれてくることのできなかった子どもの数に至っては、現在でも年間で40万人を超えると予想されている。死因はさまざまだが、ご両親にとっては大変つらい試練の時となる。

先日、生後5カ月の乳児の葬儀依頼が入った。電話口から涙声であったので、祈りつつご家庭を訪問すると、まだベビーベッドに寝かされているご遺体の上でメリーが回り、脇にはおもちゃやぬいぐるみが置かれていた。生まれてからずっと病院にいたので、お家でできることをしてあげたいと明るく装うご両親の様子に胸が痛んだ。

葬儀の打ち合わせのために訪問したはずが、本論に入るにはかなりの時間を要した。重い病気を持って生まれたお子さんだったので、出産時から、ご家族、病院のスタッフの皆さんの温かい介助によって支えられてきた5カ月の短い命の物語を伝えてくださった。

見せていただいた写真は、病院の中で写した愛情溢れる家族写真だった。短い命ではあるが、愛情をいっぱい注がれたご家族に対し、心から敬意を表したい気持ちにさせられた。なぜ、神様はこのような試練をこの家族に与えたのか?神様のご計画は何ですか?と神様に訴えるような祈りが、私の心に湧き起こってきた。

慰めを与えなければならない牧師が、ご家族の様子に引き込まれ、心を乱してはいけない。しかし、泣き崩れるお母様の様子を前にして涙を留めることはできなかった。

聖書に触れたことのないお母様は、わが子がまだ遺体の中に居るから火葬にしたくないと言われた。確かに気持ちはよく分かる。

私は、その気持ちを十分に汲み取ったのち、亡くなったお子さんが今は弱い肉体から解放され、天国に迎えられていることをお伝えした。信仰を持っておられるご主人がともにうなずいてくださったことは、ありがたかった。

乳児、幼児の救いについては、聖書を学ぶ中で何度も議論し、論文も幾つか読んできた。聖書が明確に語っていないことだ。しかし私は、下記の聖書箇所をもって彼らが無条件に天の御国に迎えられていることを確信している。

「しかしイエスは、幼子たちを呼び寄せて、こう言われた。『子どもたちをわたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。まことに、あなたがたに告げます。子どものように神の国を受け入れる者でなければ、決してそこに、入ることはできません』」(ルカの福音書18章16、17節)

火葬場であいさつをして別れるとき、私はご両親の肩に手を置いて祈らせていただいた。そして「必ず天国で会うのですよ!」と声を掛け、その場を去った。

後日、ご両親が近くの教会に集われたことを聞いた。全てのことは神様の御手の中にある。そして、この悲しい現実も必ず益となるに違いない。そして、天国で家族が再会できる時は必ずやって来る。

イエス・キリストは、「神の国は、このような者たちのものです」と幼子を指して言われたが、私たちはやがて天国で多くの子どもたちに出会うことになるだろう。幼い子どもを失ったご家族には、感動の出会いがあるに違いない。その時まで、悲しみを背負って生きておられる多くのご家族に、神様の慰めと励ましが備えられるよう切に祈りたい。

<<前回へ     次回へ>>

広田信也

広田信也(ひろた・しんや)

1956年兵庫県生まれ。80年名古屋大学工学部応用物理学科卒業、トヨタ自動車(株)入社。2011年の定年退職まで、一貫して新エンジンの先行技術開発に従事。1985年キリスト教信仰に入信し、現在まで教会学校教師を務める。88~98年、無認可保育所園長。2011年関西聖書学院入学。14年同卒業。日本社会に寄り添う働きを創出するため、ブレス・ユア・ホーム(株)設立。16年国内宣教師として按手を受ける。現在、ブレス・ユア・ホーム(株)代表、富士クリスチャンセンター鷹岡チャペル教会員、六甲アイランド福音ルーテル教会こどもチャペル教師、須磨自由キリスト教会協力牧師。関連聖書学校:関西聖書学院、ハーベスト聖書塾、JTJ宣教神学校、神戸ルーテル神学校

ブレス・ユア・ホーム

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース