批判する者でなく、批判される者になる 関智征

2017年2月4日08時59分 コラムニスト : 関智征 印刷
関連タグ:関智征内村鑑三

1. 批判は気楽だ

映画「レミーのおいしいレストラン」の最後で、料理評論家のイーゴが、言いました。

「評論家とは気楽な稼業だ。リスクもなく、好きなことを言えるのだから。辛口の批評は読者にとって痛快ですらある。しかし、われわれは知るべきだ。どんなに平凡な料理家の仕事も、評論家の仕事より、はるかに意味があるということを」

何かを「批判する」より「作り出す」ほうが、よっぽど大変だ、ということです。

そういえば、中島みゆきも「戦う君のことを、戦わないやつが笑うだろう」と歌っていました。フィールドで戦う少数の人と、外野席であら捜しする多数の人。これは昔から変わらない構図です。

2. 人が作ったものにケチばかりつける人

内村鑑三という人物に、私は私淑しています。

内村鑑三は、明治、大正、昭和と「無教会主義」を掲げて活動し、多くの批判をあび、蔑(さげす)まれる経験をした人です。今でこそ「日本を代表するキリスト者の1人」として尊敬されていますが、内村は存命中、多くの批判を受けました。

特に、クリスチャンの中から、いわれのない批判をされました。(同業者からこそ中傷を受ける、というのは、時代や業界を問わないのでしょうか)

それでも、内村鑑三は批判に屈することをせず、「聖書之研究」という雑誌を作り続けました。内村は「批評家」という言葉を書いています。

<批評家>
批評せらるる者となれよ、 批評するものとなるなかれ。
前者はある物を社会に供せしがゆえに批評せらるるなり。

後者は何物も供するあたわざるがゆえに、ただ他の人が供せし物につきて批評を加うるのみ。

二者の別は製作者と消散者との別なり。

人が一生懸命作ったものを「あれはダメだ」と批判ばかりする人間になるな、ということです。批判・中傷をあびながらも、道なきところに道を作ってきた内村鑑三の信念がこもっています。

3. 本来の人間は、作り上げる

「初めに神は、天と地を創られた」(旧約聖書・創世記1:1)とは、聖書の最初の言葉です。

創造主たる神様の性質は、無から有を作ることです。そして「神のかたち」に似せてつくられた私たち人間も、本来「無から有を建て上げる」ようにデザインされています。

しかし、「罪」の故に、私たち人間は、作る側でなく、批判や文句を言う側になってしまいました。ここで「良き知らせ」があります。キリスト・イエスご自身が私たちの罪と恥を消してくださいました。

それ故に、私たちは、本来神様からいただいた「作り上げる」性質に変えられます。そして、キリストが、勇士として私たちのただ中におられ、「建て上げる」ために、私たちと一緒に戦ってくれるのです。

もはや、私たちは、批判をする側、傍観者として嫌みを言う側でない。むしろ、 新しい命が息吹かれ「作る」「建て上げる」側に変えられていく。これが福音の力です。

<<前回へ

関智征

関智征(せき・ともゆき)

ブランドニューライフ牧師。東京大学法学部卒業、聖学院大学博士後期課程修了、博士(学術)。専門は、キリスト教学、死生学。論文に『パウロの「信仰義認論」再考ー「パウロ研究の新しい視点」との対話をとおしてー』など多数。

ブランドニューライフ

関連タグ:関智征内村鑑三

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース