シリア内戦北部で激化 シリア人ジャーナリストに聞く「国際社会のすべきこと」

2016年12月17日09時07分 記者 : 守田早生里 印刷
関連タグ:シリア
+シリア内戦北部で激化 シリア人ジャーナリストに聞く「国際社会のすべきこと」
爆撃を受けたシリア北部の都市アレッポのサーダラー・アル・ジャブリ広場=2012年(写真:Zyzzzzzy)

混迷を極めるシリア国内において、再び大きな動きがあった。反体制派が支配するアレッポ東部地域を、シリア政府とロシアを含む複数の軍が「完全に制圧した」と勝利宣言を発表した。これを受け、反政府側を支援するトルコとシリア政府の仲介により、14日に停戦が合意。15日には一般市民の避難が開始された。

シリアのアサド大統領は、このことを「まさに歴史的な瞬間だ」と表現して、アレッポの解放を祝う動画を、SNSを通して公開している。

一方で、奪還作戦が続いたアレッポ東部では、数日前から一般市民による「最後のメッセージ」とする動画がSNSを通して公開された。

「神様・・・私たちをこの悪夢から解放してください」

「これが、私の最後のメッセージになるでしょう。これをご覧の皆さん、シリアとともに立ち上がってください」

「私たちは、普通の生活がしたいだけなのです。どうか皆さん、私たちを助けてください」

「政府軍からの攻撃は日に日に激しくなってきています。政府軍の兵士たちは、もう数百メートル先まで来ています」

このような悲痛なメッセージに、日本人ユーザーの間でも同情と祈りの声が上がっている。

一夜明け、アレッポの街はどうなっているのだろうか。カナダ在住のシリア人ジャーナリスト、モハメッド・マームッドさんに話を聞いた。

現地アレッポに多くの仲間が残されており、マームッドさんもカナダからアレッポの現状を伝え続け、支援を呼び掛けている。

――現在のアレッポの様子を教えてください。

29日間に及ぶ集中砲火や爆撃の後、ようやく昨日から、アレッポ東部の地域から一般市民の避難が始まっています。この間、多くの市民がロシア空軍、政府勢力による攻撃で亡くなりました。アレッポの街には、もうほとんど建物という建物は残っていません。彼らは学校も、銀行も、ベーカリーも、道も、橋も全てを破壊してしまったのです。ロシア、インド、中国などの政府側を支援した国々の企業は、ここに新たなビルを建設する契約をすでに結んでいると聞いています。

――現地から頻繁に情報は入ってくるのですか?

はい。私は、現地の活動家やジャーナリストたち、評議員たちと継続的に連絡をとっています。この中には、私の友人でもあった日本人ジャーナリストの後藤健二氏がドキュメンタリーを作成してくれた「ホワイトヘルメット」のメンバーも含まれています。彼らは、国際社会の沈黙に対して、彼らの怒りや思いをユーチューブなどで公開もしています。

米国とロシアによって、この国はほぼ滅ぼされてしまいました。さらにさまざまな国が加担したことによって、この戦いはより激しくなっていきました。イランは水面下で政府側を支援し、戦闘員や戦うための道具を送り、経済的な支援も行ってきました。それらのお金によって、国内外の戦闘員を雇うことができたのです。トルコやサウジアラビアもまた同じような役割を、反政府組織に対して担い、この愚かな戦争に加担してきたのです。

――国際社会は、アレッポ市民に対して、何ができるでしょうか?

東アレッポから避難してきた市民たちは、家を追われ、毎日のように処刑されるのではないか・・・または爆撃や攻撃に再び遭うのではないかといった恐怖にさらされています。この避難民たちは、10万人ほどいるのではないかと予想されています。彼らは何も持っていません。洋服をかろうじて着ている程度でしょう。シェルター、洋服、食べるもの、移動手段、医者、薬、学校、デイケアセンター、女性のための健康センター・・・数えたらきりがありません。想像してみてください・・・ちょうど日本に原爆が投下された直後の広島の街のようだと思います。

――この戦争を終わらせるために、私たちができることは?

国際社会は、再び彼らの脆弱(ぜいじゃく)さを露呈することになったと思います。この虐殺に対して、完全に無力だったのです。国連の主要機関ですら、このフィールドには踏み込むことさえできませんでした。世界の皆さんに私は言いたいのです。もう一度、シリアのことをよく考えてみてください。シリア革命は、人々が変化を求め、自由を求め、一人一人が生まれ持った人としての権利を取り戻すために行われました。皆さんの理解を求めます。

関連タグ:シリア

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース