仏教会襲撃事件:殺害されたジャック・アメル神父、地域から大切にされた謙遜な司祭

2016年8月1日10時09分 印刷
関連タグ:フランス
+仏教会襲撃事件:殺害されたジャック・アメル神父、地域から大切にされた謙遜な司祭
ジャック・アメル神父(写真:ツイッター〈@inesanma〉より)

フランス北部ノルマンディー地方のカトリック教会で7月26日朝、刃物を持った男2人が押し入り、神父や信徒ら5人を人質に取り、このうちジャック・アメル神父(85)を殺害する事件があった。地元の人々は、「決して注目を引こうとしなかった善良で謙遜な司祭」だったと、アメル氏を追悼した。

アメル氏は襲撃を受けたとき、修道女2人、また他の礼拝者2人と共にフランス北部の都市ルーアンに近い、サンテティエンヌ・デュ・ルブレにある教会でミサを行っていた。

教会でミサに参加していた婦人の1人はアメル氏のことを、「最後まで自分の仕事を行った人」だと語った。彼女は、「彼は年を取っていましたが、誰でもいつも話をすることができました。彼は善良な司祭でした。彼は長い間ここにおり、多くの教会員は彼を良く知っていました」と付け加えた。

跣足(せんそく)カルメル在俗会(OCDS)の司祭であるジョン・ホーガン神父は、次のようにツイッターに書き込んだ。「(アメル氏は)善良な司祭で控えめでした。彼は静かで、注目を集めることを好みませんでした。彼は自分の義務を最後まで引き受けました。彼は人々に好感を持たれていました。彼は静かに神とその民に仕える、質素で、忠実な司祭であったと思われます」

地元の美容院で働くユーラリー・ガルシアさんは、地元紙の記者に、この控えめな司祭について同様の追悼の言葉を語った。「私の家族はここに35年間住み、私たちはいつも彼を知っていました」「彼はこの地域に大切にされていた人でした。彼は非常に控えめで、自分自身に注目を引くことを好みませんでした」

引退してから10年近くたっているアメル氏は、1930年に生まれて以来、北フランスで生涯を過ごした。

58年に叙階され、30年以上をサンテティエンヌ・デュ・ルブレで過ごし、2008年に叙階50周年記念を祝った。

アメル氏は、近隣の町エルブーフばかりでなく、サンテティエンヌ・デュ・ルブレにある教会で、教区司祭のオーガスト・モアンダヒュアティ神父の手が空いていないとき、その代理を務め、定期的に助手として聖務を果たし続けた。

ルーアン大司教区によると、アメル氏は75歳で公に引退した後も教区にとどまり、必要に応じて教区を助け続けた。ノルマンディー地方議会議長のエルベ・モラン氏は、「この人は善良な方でした」と語った。

モラン氏は、この殺害事件について、ノルマンディー地方とカトリック教会を襲った悲劇だとツイッターに書き込んだ。

モアンダヒュアティ氏は、仏紙リべラシオンに、「どうしてこのような事件がここで起こると想像できたでしょうか。私たちは脅迫を受けたことがなかったのです」と、静かな町で起こった事件の衝撃を語った。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
関連タグ:フランス

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース